• 反対咬合(下顎前突・受け口)1

    反対咬合とは?

    反対咬合とは上下顎前歯3歯以上の前歯が正常とは反対に咬んでいる状態をいいます。

    発現時期としては三歳児前後から反対咬合が診られることが多いのですが、

    「顎顔面部の不調和が思春期前にわずかであっても、思春期成長により著明に現れることがある。」 
    第5版 歯科矯正学

    つまり、反対咬合は小学校時代まで何事もなくとも中学・高校生になってから突然、予想できない異常な成長により反対咬合となってしまう事がある不正咬合です。

    また「治療において、思春期成長を迎える前までに可能であれば前歯の被害を改善しておくことが一般的である。」
    5版 歯科矯正学

    つまり、反対咬合(下顎前突・受け口)については早期治療が特に効果が見込める症例であると考えられています。

    反対咬合には早期治療が効果的

    反対咬合を当医院の症例から説明してみましょう。

    反対咬合(下顎前突・受け口)は上下の咬み合わせが通常と逆になるので、筋肉や骨の形がその状態に適応するために通常とは異なる形に変化して将来の顔貌にも影響を与えるため、特に早期の治療が治療効果を発揮する症例と言えます。

    下の写真のように咬み合わせの力が弱い幼少期の反対咬合は、咬むための力を主に筋力に頼っているので治療の効果が一目瞭然に確認することができます。


    治療期間は1年6ヶ月で、いずれも顎のラインがスッキリしています。

    これは、矯正治療により受け口が改善されて筋肉の使い方が通常に戻ったために起こった変化で、大人ではこの変化は起こりません。

    次に骨格で比べてみましょう。
    同じ患者様の矯正治療終了後の骨格です。

    不安定に見えていた咬み合わせが、反対咬合が改善されて安定して咬みあっていることが分かります。

    小学校低学年の治療であれば早期治療により反対咬合は容易に改善可能で、骨格の変化を考えてみても反対咬合は早期治療の効果が得られやすい症例と言えます。

    反対咬合を放置するとどうなるの?

    20歳位まで反対咬合を放置すると、体重と比例して強くなった咬合力を支えるために下顎骨だけでなく頭蓋骨などいろいろな顔の骨格を変化させて受け口の咬み合わせに適応していきます。

    骨格の変化は頭の上の方から
    ①頭蓋骨は形を楕円に変形させます。
    ②中顔面は凹みます。
    ③下顎骨は先端部分が厚くなり、三角形になります。

    このように、大人の強い咬合力で通常とは逆の咬み合わせで咬むために顔面頭蓋の骨の形を変化させるのです。

    大人になってから顎の形などの顔貌を気にされて反対咬合の治療を希望される患者様もおりますが、通常とは逆になった咬み合わせや歯並びを整えることができても、残念ながら変形した骨の形は元に戻せません。

    この様な理由から受け口の早期治療には価値があります。

  • 八重歯 

    ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!
    こんにちは(*^^*)
    当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

    歯科矯正学はこの八重歯という歯列不正を治療するために始まったと言っても過言ではありません。白人社会ではもっとも治療を希望される歯列不正です。

    一般的には八重歯を治す場合には八重歯の隣の第一小臼歯を抜いて治療しますが当院では第一小臼歯を抜かないで劣成長の収縮した上顎骨を元の大きさに戻すことで歯並びを改善しています。

    初診時                   終了時

    青い輪の中が2本の永久歯が         青い輪の中の骨が改善したので自然に

    重なっています。              歯が並んでいます。

     

    八重歯 初診時 13歳5か月 女子

    終了時 15歳5か月 治療期間2年間

    当院では上顎からできるだけ見えにくい矯正装置を使って治療を

    始めます。

    2か月後に下顎の矯正装置を装着しました。

    3か月後には歯列はかなり改善してきました。

    約6ヶ月で八重歯も改善して歯並びは改善しました。このために

    矯正装置を一般的に使用している装置に取り替えました。

    咬み合わせの高さを改善して、しっかりとした咬合関係を

    つくる為にMEAW(マルチループ)を使用していきます。

    咬み合わせが改善したところでMEAW(マルチループ)から

    ストレートに戻して細部を整えていきます。

    2年間で治療は改善しました。

    一口メモ

    主訴の八重歯は下の写真の様に歯(第一小臼歯)を抜く事無く治療することが出来ました。

    ただ治療を成功させるためにはゴムを24時間使用することが必要です。

    矯正は普通の病気と同じで患者さま自身の努力が必要です。

    また、どのような症例でも歯を抜かないで治療することが出来るわけではありません。一度、当院に来院されて診査診断を受けて下さい。

  • 受け口(反対咬合、下顎前突)について

    ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!
    こんにちは(*^^*)
    当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

     

    受け口(反対咬合、下顎前突)とは犬歯を含まない前歯が3本逆に咬んでいる状態を受け口(反対咬合)と言います。

    日本では約3~4%で見られます。そして出来れば早期に治療した方が良いタイプの不正咬合です。

     

     

    受け口の種類

    受け口には簡単に治るタイプ、治療が難しいタイプがあります。

    受け口を矯正学的に分類すると下の3種類に分類されます。

    • 歯槽性下顎前突:上顎骨、下顎骨の大きさは形態にはほとんど異常がなく、上顎前突の舌側転位や舌側傾斜、下顎前歯の唇側転位や唇側傾斜、またはそれらが合併することにより上下顎前歯が逆被蓋を呈するもの。
    • 機能性下顎前突:上下顎切歯の早期接触などが誘因となって、下顎骨が本来の顎位から前方に変位し下顎が近心咬合位に誘導され、上下顎前歯が逆被蓋を呈するもの(仮性下顎前突ともいう)。前歯の切端咬合での構成咬合がとれる。
    • 骨格性下顎前突:上顎の劣成長または下顎の過成長もしくはその両者によって上下顎前歯が逆被蓋を呈するもの。

     

    この3種類の形態は①➡②➡③と治療が難しくなります。

    次に③の受け口がどのように形成されるかを説明していきます。

     

    (何故、受け口(下顎前突)になるのか?基礎的な知識)

    矯正学では受け口の治療法を説明することはあっても何故受け口になるのか? の説明はあまり聞いたことがないと思います。

    というのは一般的に矯正治療は対処療法であるからです。

    八重歯などが診られると歯並びが悪いのは歯の大きさに比べて顎の大きさが小さい為との説明を聞くことがあると思います。

    この歯の大きさと顎の大きさとのアンバランスを歯科用語でディスクレパンシイといいます。

    このディスクレパンシイには下図にあるように

    アンテリア・ディスクレパンシイ(歯が見える部分)

    ポステリア・ディスクレパンシイ(見えない奥歯の部分)

    の2種類があります。

     

    (開咬の治療が困難である理由)

    1900年代の前半に始まった矯正治療は前歯の乱れ、特にドラキュラ伝説の影響(諸説あり)から八重歯の治療に重点が置かれました。

    矯正治療では歯を並べるために抜歯をしますが八重歯を効率的に治すためには八重歯の横にある第一小臼歯を抜歯する事が最も効率的であるために第一小臼歯を抜歯することがスタンダードとなりました。

    矯正治療初期の治療目標は前歯の歯列不正でした。その後、出っ歯(上顎前突)や

    受け口(下顎前突)などが治療対象になって来ました。

    歯並びの治療であれば第一小臼歯を抜いてその隙間を利用して歯を横に動かすことで治療することが可能です。しかし、受け口(下顎前突)や開咬の難症例の場合は歯をどんなに横に動かしても治療することはできません。

    そのために、現在は難症例の受け口(下顎前突)や開咬では骨を切って矯正治療をすることもよくあります。

     

    (開咬と受け口は兄弟です。)

    難症例である受け口(下顎前突)を非抜歯(第一小臼歯)で治療するためにはその原因を知り根本的に治療していく必要があります。

    八重歯などの乱れの原因はアンテリアディスクレパンシイにありますが

    受け口(下顎前突)の原因は臼歯部の歯の大きさと顎骨の大きさとのアンバランスが原因であるポンテリアディスクレパンシィにあります。

    前歯部のアンバランス(アンテリアディスクレパンシィ)は前歯を正常な位置から横に動かしてしまう為に八重歯などの歯並びの異常として現れますが、臼歯部のアンバランスであるポステリアディスクレパンシィは下の図のように歯を横に動かして歯並びの異常を引き起こすのではなく、臼歯部の歯の咬む高さ(咬合高径)を高くしてしまうという変化を与えてしまいます。

    図3-21のように臼歯部のディスクレパンシーがあると歯並びは横に乱れる事よりも咬み合わせの高さが乱れることがあります。

    すると咬み合わせは開咬になります。

     

    その後、咬む力が弱いと開咬という状態になります。

    また、咬む力が強いと図7-3の様に下顎を前に出してよく噛めるようにします。

    運動選手に受け口タイプの骨格が多くみられるのはこのためです。

    (受け口・下顎前突の治療方針)

    当院の受け口・下顎前突の治療法は第1小臼歯を抜いたり顎の骨を切ったりする対処療法ではなく、受け口(下顎前突)になる原因を解明して、その原因を改善していく根治治療法を行っております。その為にはMEAW(マルチループ)を利用して押し出された奥歯を元の状態に戻していく治療を行います。

     

    MEAWを用いた矯正治療 第一歯科出版  P63

     

     

    まずは矯正装置(ブラケット)をつけて歯並びを整えていきます。

     

     

     

    この開咬状態の原因であるポステリアディスクレパンシィを上図左側にある

    MEAW(マルチループ)によって改善していきます。

     

     

    すると開咬が改善して抜歯(第一小臼歯)することなく正常な咬合状態になります。

     

     

    治療期間は2年4カ月で終了しました。

     

    一口メモ 約20歳からの治療のため左右の顎骨の大きさが異なり正中が少し会いませんでした。ただ、治療は歯(第一小臼歯)を抜く事無く、ましてや顎骨を切ることなく患者さまが満足する咬み合わせとなりました。

    受け口(下顎前突)はひとつの原因ではなくいろいろな原因が絡み合って形成されていることが殆どです。

    先ずは当院に来院されて診査診断をして下さい。

     

     

     

  • 出っ歯(上顎前突)について

    出っ歯(上顎前突)とは上の前歯が下の前歯より著しく前に出ている咬み合わせを

    言います。我々、現人類では約33%で見られます。そして高率に顎機能障害が診られる不正咬合のタイプです。

    (何故、出っ歯(上顎前突)になるのか?基礎的な知識)

    MEAWを用いた矯正治療Ⅱ 第一歯科出版 P125 図7-3

    何故、出っ歯になるか?その原因は完全には解明されていませんが、上図にあるように霊長類を診てみると咬み合わせの面がフラットで咬み合わせの高さが現人類より高い(顔が長細い)といった形態的な特徴が診られます。

    ここで、現代人の出っ歯(上顎前突)と照らしあわせると次のような形態的変化が診られます。

    1、咬み合わせの奥歯の平面が急峻になっている。

    • 咬み合わせの高さが低い。

    この二つの形態的な異常があります。

    MEAWを用いた矯正治療Ⅱ 第一歯科出版 P125 図7-3MEAWを用いた矯正治療Ⅱ 第一歯科出版 P125

    その為に、出っ歯(上顎前突)の治療方針としては上記の2つの異常を改善していく必要があります。

    当院では出っ歯(上顎前突)を非抜歯(第一小臼歯を抜歯しない)で治療するために

    MEAW(マルチループ)を利用してように治療を進めていきます。

    初診時 出っ歯(上顎前突)11歳1カ月 女子

    終了時 治療期間2年2カ月 13歳3カ月

     

    見えにくい矯正装置(ブラケット)で歯列を並べていきます。

    歯並びが整ったら矯正装置を取り替えます。

    MEAW(マルチループ)で咬み合わせの高さを

    改善していきます。

     

     

    13歳2か月 2年2カ月で矯正治療が終了しました。

    一口メモ

    当院では口腔機能を重視した治療を心がけています。

    その為にだ非抜歯(第一小臼歯)で顎関節機能を守るために

    MEAW(マルチループ)を使用して咬み合わせの高さを改善して治療しています。

     

  • 開咬について

    ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!
    こんにちは(*^^*)
    当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

     

    (何故、開咬になるのか?基礎的な知識)

    開咬とは写真の様に奥歯しか咬んでいない咬み合わせの事を言います。

    初診日 18歳7か月 女子

    終了日 20歳1か月(治療期間2年1か月)

    矯正学では開咬の治療法を説明することはあっても何故、開咬になるか?

    の説明はあまり見たことがないと思います。

    今回は「何故、開咬になるのか?」を説明していきたいと思います。

    一般的に八重歯など前歯の歯並びの不揃いがあると歯並びが悪いのは歯の大きさに比べて顎の大きさが小さいからだとの説明を聞くことがあると思います。

    この歯の大きさと顎の大きさとのアンバランスを歯科用語でディスクレパンシイといいます。

    このディスクレパンシイには下図にあるように

    アンテリア・ディスクレパンシイ(歯が見える部分)

    ポステリア・ディスクレパンシイ(見えない奥歯の部分)

    の2種類があります。

     

    (MEAWを用いた矯正治療Ⅱ 第一歯科出版 P48 図3-12 )

     

    (開咬の治療が困難である理由)

    1900年代の前半に始まった矯正学は前歯の乱れ、特にドラキュラ伝説の影響から八重歯の治療に重点が置かれることとなりました。

    矯正治療で歯を並べるために抜歯しますが八重歯を効率的に治すためには八重歯の横にある第一小臼歯を抜歯する事が最も効率的であるために一般的に矯正治療での抜歯は第一小臼歯を抜歯することがスタンダードとなりました。

    矯正治療初期の治療目標は前歯の歯列不正でしたが、その後出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)などが治療対象になって来ました。

    これらの不正咬合も簡単な症例であれば第一小臼歯を抜いてその隙間を利用して歯を横に動かすことで治療することが可能ですが、開咬の治療の場合は歯をどんなに横に動かしても治療することはできないために難症例という事となりました。

    そのために、現在は下のような開咬症例であれば骨を切って矯正をすることもよく見かける様になっています。

     

    (何故、開咬になるのか?)

    難症例である開咬を非抜歯(第一小臼歯)で治療するためにはその原因を知り根本的に治療していく必要があります。

    八重歯などの前歯の歯の乱れの原因はアンテリアディスクレパンシイにありますが開咬や受け口(下顎前突)の原因は臼歯部の歯の大きさと顎骨の大きさとのアンバランスであるポステリアディスクレパンシィにあります。

    前歯部のアンバランス(ポステリアディスクレパンシィ)は前歯を正常な位置から横に動かしてしまう為に八重歯などの歯並びの異常として現れますが、臼歯部のアンバランスであるポステリアディスクレパンシィは下の図のように歯を横に動かして歯並びの異常を引き起こすのではなく、臼歯部の歯の咬む高さ(咬合高径)を高くしてしまうという異常な変化を与えてしまいます。

    (MEAWを用いた矯正治療Ⅱ 第一歯科出版 P45 図3-9)

     

    (開咬の治療方針)

    (MEAWを用いた矯正治療Ⅱ 第一歯科出版 P53 図3-21 抜粋)

     

    この様に臼歯部の咬み合わせの高さが高くなりすぎるために開咬という咬み合わせが発現してしまいます。

    (MEAWを用いた矯正治療Ⅱ 第一歯科出版 P53 図3-21 抜粋 )

     

    治療方針

    治療方法としては上記の左図の赤色の矢印の方向に歯が動く為に開咬となるためMEAW(マルチループ)を利用して左図とは逆の方向に歯を動かすことで正常な咬み合わを確立します。

     

    (当院の治療方法)

    初診日 18歳7か月 女子

    見えにくい矯正装置で骨のたわみを治療します。

    通常の矯正装置でそれぞれの歯の位置を治療します。

    MEAW(マルチループ)を利用して仕上げていきます。

    終了日 20歳1か月(治療期間2年1か月)

    一口メモ 開咬は後戻りしやすい咬み合わせです。

    しっかりと咬み合わせを作らないといけません。

    その為にもMEAW(マルチループ)の治療方法は開咬症例には最適です。

     

     

    当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)
    矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪
    ☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

  • 歯並びが悪い症例

    初診時 14歳9か月 男子

    終了時  16歳1か月

    当院は特に口腔機能の向上を目指した治療を心がけています。その為に普通歯並びが悪いと歯(第一小臼歯)を抜いて治療することが多いのですが当院では非抜歯で治療していきます。

    非抜歯治療をすると出っ歯になる。

    咬み合わせが不安定になる。

    などと聞くことが多いと思いますが、当院の治療では終了時の写真を見て頂けると分かるのですが、その様な咬み合わせにはなりません。

    では、どの様に治療していくのかを説明していきましょう。

    まず、写真の様に出来るだけ目立たないブラケット(矯正装着)を利用して歯並びを整えていきます。

    次に別のブラケットを利用してより一層、歯並びを整えていきます。

    最後にMEAW(マルチループ)を利用して咬合を安定させ、前歯を急峻な角度にさせて審美的に満足できる咬み合わせにして仕上げていきます。

    正中線もあった美しい自然な雰囲気の咬み合わせとなりました。

    一口メモ

    当院では非抜歯治療をインビザラインを利用して行っております。

    ただし、どの様な症例でもできるわけではありません。

    一度来院されて診査、診断を受けて下さい。

    ほとんど、見えないマウスピース矯正のインビザライン

  • 歯並びの悪い(上下額が小さく、咬み合わせが低い)症例の 治し方

    いずみ歯科矯正歯科医院ではこどもの矯正に関しては既成の矯正装置を使用せず、平成元年より培ってきた技術により歯に装着するブラケットという矯正装置により患者様独自の症例に合わせた治療を心がけています。

    口腔機能には 咀嚼、嚥下、発音、や呼吸などがありますが、これらの機能は子供の時期から大人と同じ能力を持っているわけでは無く、習慣性随意運動といって年月を重ねて習得していきます。

    例えば言葉の喋り方などが当たります。

    歯並び、咬合の不具合から発音に不具合が生じた場合には、その影響は大人になるまで蓄積され、ある年齢になるとそれを治す事が非常に困難となってきます。

    歯科分野では口腔機能の獲得が小児期に行われるために、こどもの早期歯科治療は重要です。

    今回はこどもの歯並びの悪い(上下額が小さく、咬み合わせが低い)症例の治療法を紹介します。

    (一口メモ)

    上下顎骨も拡大でき、咬み合わせの高さも改善できました。矯正装置は既成の矯正装置ではなく、個人個人にあった治療法をブラケットという矯正装置を歯に装着して治療していきます。

    今後、永久歯が萌出してから歯列矯正治療によってさらに美しい咬み合わせに改善していく事となります。

  • 受け口(下顎前突)

    MEAW(マルチループ)を利用する非抜歯治療法

    はじめに目立たないブラケット(歯に付ける矯正装置)を利用して上顎から歯並びを改善します。その折に同時にレジンを利用する事で咬み合わせの高さも挙上していきます。

    歯並びを改善すると受け口がひどく見える時もありますが心配ありません。

    次にMEAW(マルチループ)を利用する事で咬み合わせの高さや咬み合う平面の角度を変える事で歯(第一小臼歯)を抜く事無く受け口(下顎前突)を改善していきます。

    また、MEAW(マルチループ)はゴムを24時間使用する事で最大の効果を発揮することが出来ます。

     

    (一口メモ)

    受け口の下顎骨の成長は手足の成長と同じ様に成長します。

    この患者さんの場合はまだ下顎が大きく成長する可能性があります。

    そのために、下顎の前歯部の咬み込みを通常よりも0.5㎜ほど深くして

    後戻りしない様にしています。

     

  • 上顎前突(出っ歯)

    初診時 123ヶ月 女子

    終了時  151カ月

     

    ブラケット(矯正装置)を歯に装着して歯並びを改善します。

    MEAW(マルチループ)を利用して咬み合わせの高さや咬合平面を変える事で下顎を前方に移動して上顎前突(出っ歯)を改善していきます。

    終了時 15歳1カ月

    本来、第一小臼歯を4本抜歯しなければならない状態でしたがMEAW(マルチループ)を利用する事で咬合平面を変え、咬合の高さを変える事で下顎骨を回転させながら前方に移動させて上顎前突(出っ歯)を改善する事ができました。

    ただし、ある程度の年齢になると顎の関節が固まり治療出来なくなることもあります。

  • 開咬症例(オープンバイト)

    初診時127か月 男子 開咬症例の治療法

    矯正治療終了153ヶ月

    ブラケット(歯に付ける矯正装置)を利用して歯並びを改善します。

    歯並びを改善すると本来の開咬状態になります。

    MEAW(マルチループ)を利用して、歯を挺出させて咬合平面を変える事で下顎骨を回転させて開咬を改善していきます。

    矯正治療終了15歳3ヶ月

    一口メモ

    通常の治療法としては臼歯部を圧下して治療することが多いのですがMEAW(マルチループ)の優れた点は咬合平面を変えて下顎骨を移動する事にあります。そのことにより外科矯正(骨切り)が必要か?という難症例の開咬

    (オープンバイト)であっても歯を抜かないで外科矯正をしないで治療する事が可能です。

矯正無料相談・お問い合わせ

「歯を抜く必要がある」「矯正は難しい」と言われた方、一度ご相談ください

047-395-8241[ 診療時間 ] 9:00~12:00 / 14:30~19:00
[ 休 診 日 ] 水曜・日曜・祝日

東京メトロ東西線「妙典駅」徒歩5分

駐車場完備⇒駐車場案内はこちら

〒272-0114 千葉県市川市塩焼2−2−66

診療時間