• 矯正学における抜歯、非抜歯について。16 医療法人社団クオリタス いずみ歯科矯正歯科医院 市川市、行徳

    ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!
    こんにちは(*^^*)
    当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!
    今回はポリゴン表から少しだけハズれ、小臼歯の抜歯の問題点を
    考えてみましょう。
    小臼歯抜歯の問題点
    1、前歯が後退しすぎることがあるため、いわゆるdish in faceを作り出します。これはまた前歯の舌側傾斜を招き、適切な下顎の誘導を阻害してしまいます。
    2、小臼歯の抜去とそれに続く臼歯の近心移動によってポステリアーサポートが失われやすく、顎関節に負担が加わり、顎関節症の1つの原因となります。
    3、術後に抜歯部に空隙を残存させてしまったり、隣接歯根との平行性が失われてしまうことがあります。
    4、歯列の連続性が失われ、また臼歯の回転や近心傾斜を招きやすく、機能的な咬合の完成を困難にすることが多くあります。
    5、歯列弓が小さくなるため舌房が狭窄し、口腔の諸機能に悪影響を与えます。
    6、アンテリアーディスクレパンシーが解消されても、ポステリアーディスクレパンシーが残存する事が多く、不正咬合が再発しやすくなります。
    7、抜歯空隙の閉鎖や機能咬合の完成のために消費する時間が長く、治療が長期化する傾向があります。
    不正咬合治療のアプローチ p102
    以上の様な問題点が考えられます。
    当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)
    矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪
    ☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

矯正無料相談・お問い合わせ

「歯を抜く必要がある」「矯正は難しい」と言われた方、一度ご相談ください

047-395-8241[ 診療時間 ] 9:00~12:00 / 14:30~19:00
[ 休 診 日 ] 水曜・日曜・祝日

東京メトロ東西線「妙典駅」徒歩5分

駐車場完備⇒駐車場案内はこちら

公式LINE

〒272-0114 千葉県市川市塩焼2−2−66

診療時間