• 開咬症例(オープンバイト)

    初診時127か月 男子 開咬症例の治療法

    矯正治療終了153ヶ月

    ブラケット(歯に付ける矯正装置)を利用して歯並びを改善します。

    歯並びを改善すると本来の開咬状態になります。

    MEAW(マルチループ)を利用して、歯を挺出させて咬合平面を変える事で下顎骨を回転させて開咬を改善していきます。

    矯正治療終了15歳3ヶ月

    一口メモ

    通常の治療法としては臼歯部を圧下して治療することが多いのですがMEAW(マルチループ)の優れた点は咬合平面を変えて下顎骨を移動する事にあります。そのことにより外科矯正(骨切り)が必要か?という難症例の開咬

    (オープンバイト)であっても歯を抜かないで外科矯正をしないで治療する事が可能です。

矯正無料相談・お問い合わせ

「歯を抜く必要がある」「矯正は難しい」と言われた方、一度ご相談ください

047-395-8241[ 診療時間 ] 9:00~12:00 / 14:30~19:00
[ 休 診 日 ] 水曜・日曜・祝日

東京メトロ東西線「妙典駅」徒歩5分

駐車場完備⇒駐車場案内はこちら

〒272-0114 千葉県市川市塩焼2−2−66

診療時間