• 舌の動きが悪い。(舌小帯の異常)

    この頃、舌小帯を切る手術の話をよく聞きます。確かに舌の動きが悪いと歯並びや、舌の運動障害、発音障害、講音障害(しゃべり方)に影響がでてしまいます

    (小児歯科学会HP抜粋)

     

    しかし、保護者が子供のことを心配して舌の動きを診るとみんな異常があるように診えてしまいます。ではどの様な舌の状態に注意すればいいのでしょうか?

    以下、注意すべき舌の動きについて説明していきます。

    舌を前方に突出させた時に舌の先端にハート形のくびれが生じる。

    最も一般的な状態を紹介します。

    (小児歯科学会HP抜粋)

     

    次の写真で説明している舌の動きは確認が困難です。ここで説明されている舌の動きは舌小帯の付着異常の為に舌を口の外に突き出したり、下顎や鼻の方に舌を動かす事ができない、また、舌を持ち上げるのが困難なため、口を開けた状態で、上あごの前歯や口の天井部分に舌の先端で接触できないなどの症状が診られる事を説明しています。

    (小児歯科学会HP抜粋)

     

    このような状態が診られ、通常、5歳の終わり頃までに幼児性の発音から成人と同様の発音に移行するのが普通であるのにもかかわらずそれが改善しない場合は「舌小帯短縮症」という傷病名が付けられます。

    ただし、舌小帯は幼少期には短縮している事が普通です。その為に幼少期には舌の運動の異常は沢山みられますが、異常は成長にともない改善する事もまた多く診られます。

    舌小帯の治療時期は歯科医師とよく相談して決定して下さい。

     

     

     

矯正無料相談・お問い合わせ

「歯を抜く必要がある」「矯正は難しい」と言われた方、一度ご相談ください

047-395-8241[ 診療時間 ] 9:00~12:00 / 14:30~19:00
[ 休 診 日 ] 水曜・日曜・祝日

東京メトロ東西線「妙典駅」徒歩5分

駐車場完備⇒駐車場案内はこちら

〒272-0114 千葉県市川市塩焼2−2−66

診療時間