• ムー・シールドやトレーナー<t4k.i-3>による受け口の早期治療について。NO1 医療法人社団クオリタス いずみ歯科矯正歯科医院 (市川市)

    三歳児検診などの歯科検診で指摘される咬合異常は 受け口<反対咬合> が殆どです。
    というのは、
    見れば誰でも気になる咬み合わせである事と
    反対咬合は遺伝的な要因もかなりあり
    保護者が自分の経験から
    お子様の咬合状態について絶えず気にかける事が多いからです。
    昨今、反対咬合の早期治療に使用する優れた装置の名をよく耳にする機会が増えてきました。
    それらの装置は低年齢で夜寝るときだけ使用する事で反対咬合が完全に治り、
    将来萌え揃う永久歯も美しい歯列に勝手に並んでいくと思われている方も多い事と思いますが、
    残念な事ですがほとんどの場合、早期治療のみで満足される方は稀です。
    では、早期治療の装置は治療効果がないのでしょうか?
    もちろん、そんな事は有りません。
    治療効果に期待される結果と現実との間に乖離がでてくる原因としては、
    反対咬合のタイプが一種類であると考えられている事にあるといえます。
    次回より、 反対咬合<受け口> タイプについてお話をしていきたいと思います。
    特にブログの中に最新の情報があります。
    もう少し詳しく知りたい方はHPをご覧ください。
    いずみ歯科矯正歯科サイト
    s-i3.jpgs-100529 トレーナー.jpg
          i3              i3装着時

矯正無料相談・お問い合わせ

「歯を抜く必要がある」「矯正は難しい」と言われた方、一度ご相談ください

047-395-8241[ 診療時間 ] 9:00~12:00 / 14:30~19:00
[ 休 診 日 ] 水曜・日曜・祝日

東京メトロ東西線「妙典駅」徒歩5分

駐車場完備⇒駐車場案内はこちら

公式LINE

〒272-0114 千葉県市川市塩焼2−2−66

診療時間