• 小児<子供>の矯正の開始時期<かみ合わせのバランスから・受け口・反対咬合> 医療法人社団クオリタス いずみ歯科矯正歯科医院 (江戸川区)

     「子供の矯正は何時から始めれば良いのか?」
    良く聞くご質問です。
    しかし、明確な解答には大変むつかしい質問でもあります。
    ,,,と云うのは、
    こころの発達
    受け口などのかみ合わせのバランスの問題
    顎が曲がっている顎関節
    上下顎骨の劣成長の問題等
    いろいろな諸要因があり,それぞれに治療を始める最適時期は異なるという事です。
    その中で今回は受け口についてお話したいと思います。
    受け口は、かみ合わせのバランス異常としては
    もっとも保護者の方が見つけやすい状態です。
    原因としては、
    下顎が必要以上に成長してしまったからではなく、下顎全体が前に出てきている事が要因となります。
    専門的には顎関節が前に出ている状態となります。
    受け口の改善にはムーシールドが有名ですが、
    この装置は使用すると
    口の周りの筋肉に影響を与えて顎を引っ張ってくれます。
    分かりやすく言うと、出っ歯の状態の筋肉を人工的に作り出す事と同じです。
    この装置は顎を後ろに移動させる効果は抜群ですが
    良くある誤解としてこの装置を使用すれば
    それだけで受け口が完全に治ってしまうと勘違いされている患者さんが多いという事です。
    反対咬合になった原因が顎関節の位置の問題だけであれば、
    治癒する事もありますが
    現実はその他いろいろな要因をその後、解決していかなくてはいけません。
    その他の装置としては前回ブログで御紹介したi-3があります。
    今回のテーマである矯正の開始時期ですが
    ムーシールド等の装置に限れば
    顎関節の形から早ければ早いほど効果は発揮しやすいのですが
    心の問題もありますので、当院での診査・診断・御説明が必要になります。
         3歳児の顎         成人の顎
    3歳児の顎 ブログ使用中.jpg成人の顎 ブログ使用中.jpg
    特にブログの中に最新の情報があります。
    もう少し詳しく知りたい方はHPのトップページをご覧ください。
    いずみ歯科矯正歯科サイト

矯正無料相談・お問い合わせ

「歯を抜く必要がある」「矯正は難しい」と言われた方、一度ご相談ください

047-395-8241[ 診療時間 ] 9:00~12:00 / 14:30~19:00
[ 休 診 日 ] 水曜・日曜・祝日

東京メトロ東西線「妙典駅」徒歩5分

駐車場完備⇒駐車場案内はこちら

公式LINE

〒272-0114 千葉県市川市塩焼2−2−66

診療時間