• 上顎前突(出っ歯)について71 医療法人社団クオリタス いずみ歯科矯正歯科医院(浦安)

    ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!
    こんにちは(*^^*)
    当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!
    アングルの分類を利用した、診断法について詳しく説明しています。
    【アングルⅠ級不正咬合】
    アングルⅠ級(上下顎第一大臼歯の近遠心(前後)的咬合関係が正常)であれば下の図のように歯列が八重歯(叢生)であってもアングルⅠ級です。
    annguruikkyuu.jpg
    アングルⅠ級であり歯列が叢生であれば、アングルⅠ級叢生の不正咬合。
    アングルⅡ級であり歯列が叢生であれば、アングルⅡ級叢生の不正咬合。
    叢生が全てアングルⅠ級不正咬合ではありません。
    ※叢生とは歯列不正(歯並びが悪い)のことです
    sousei.jpg
    歯列は叢生(歯列不正)であってもアングルⅠ級であれば、診断名はアングルⅠ級叢生の不正咬合。
    もちろん、アングルⅡ級であればアングルⅡ級叢生の不正咬合となります。
    次回【アングルⅠ級不正咬合】の続き、開咬について説明していきます。
    参考文献:歯科矯正学教科書より
    当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)
    矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪
    ☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆
     

矯正無料相談・お問い合わせ

「歯を抜く必要がある」「矯正は難しい」と言われた方、一度ご相談ください

047-395-8241[ 診療時間 ] 9:00~12:00 / 14:30~19:00
[ 休 診 日 ] 水曜・日曜・祝日

東京メトロ東西線「妙典駅」徒歩5分

駐車場完備⇒駐車場案内はこちら

公式LINE

〒272-0114 千葉県市川市塩焼2−2−66

診療時間