«  2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 開咬の治療法 医療法人社団クオリタス いずみ歯科矯正歯科医院 市川市、浦安市、船橋市 | メイン | MEAW(マルチループ)治療の歴史 医療法人社団クオリタス いずみ歯科矯正歯科医院 市川市、浦安市、船橋市 »

2018年10月18日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

今日はマルチループの歴史についてお話ししていきたいと思います。

MEAW(マルチループ・エッチワイズ・アーチーワイヤー MULTILOOP EDGEWISE ARCH-WIRE)を利用した治療法は、アメリカのタフツ大学のキム先生により1980年代に考案され、日本では主に神奈川歯科大学元学長の佐藤貞雄先生、現神奈川歯科大学歯科矯正学教授代行、秋本進先生等により長年にわたり進化、発展してきた治療方法です。

現在のMEAWは佐藤貞雄先生とオーストリアのウィーン大学咬合学教授スラブチェク先生との咬合学の共同研究によりMEAWの適応症の範囲を飛躍的に広げた方法となっています。

20181018-1.png      

佐藤貞雄先生
20181018-2.png

秋本進先生
20181018-3.png
   平成30年 神奈川歯科大学 歯科矯正科 教授代行


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪

☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いずみ歯科矯正歯科医院 院長 和泉正弘

いずみ歯科矯正歯科医院のHPはこちら
院長 和泉正弘

私は「いずみ歯科矯正歯科医院」を開業して以来、「咬み合わせと全身状態」をテーマに咬合治療に取り組んできました。

気がつくと早いもので20数年があっと言う間に過ぎてしまいました。

この間必要に迫られ、耳鼻科・精神科等の勉強もさせてもらいました。また、歯科では幾多の先人の先生にご教授していただきました。

昨今、世の中では50、60歳鼻たれ小僧と言われますが、歯科界も同じでわたしもやっと鼻たれ小僧の一員になれたばかり。この年で偉そうなことを言えた立場ではありません。とはいえ、「歯並びやかみ合わせを本来の状態に戻してあげる」という目標を掲げてながら、日々研鑽しております。