«  2018年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年6月30日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


当矯正歯科医院では、マルチループ(MEAW法)を利用して上顎前突(出っ歯)や咬合高径(咬み合わせの高さ)の改善をしています。


初診時
20180628-5.png

治療途中
20180628-6.png


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月29日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


本症例は都内大学病院で、上下顎第1小臼歯を4本抜歯したうえに、骨を切って咬み合わせを改善しようと診断されました。
20180628-01.png


当院の治療は上顎から矯正装置を装着していきます。

その後下顎の矯正装置を装着します。

20180625-2.png



当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆


2018年6月28日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!
20180629.png


E-ライン(エステティックライン)とは

Rickettsが提唱した美しい口もとの基準とされる線であり、軟組織側貌上の鼻の先端とオトガイ部最突出点を結ぶ直線である。

日本人では、上唇はほぼE-line上にあり、下唇は1㎜程度前方にある。


RickettsがE=ラインを提唱したのは1954年です。

当時の矯正治療の患者さんは白人の方が主流のためE-ラインは白人の側貌の1つの基準であることを踏まえないといけません。

また、人の側貌の美しさは千差万別であるため、何が何でもE-ラインに側貌を改善しようという考えはモンゴロイドである一般的な日本人には不向きな場合も多くなります。

何故なら、基本的に側貌の基準点となる鼻の高さが白人と黄色人種では差があり、E-ラインを考える場合には咬合の改善も必要ではありますが、その前に鼻の高さの改善を先に考える必要があります。


参考文献:歯科矯正学教科書より



当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月27日

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

これまで当矯正歯科医院の治療の流れを診てきました。

当矯正歯科医院ではMEAW法(マルチループ)を利用することにより抜歯する事無く、矯正治療を行っていますがどんな症例でも治療出来る訳ではありません。

一度来院して状態を診査、診断させて下さい。

治療前
20180625-5.png


治療後
20180625-6.png

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月26日

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

当矯正歯科医院では咬合高径の改善、前歯の審美的改善のためにMEAW法(マルチループ)を使用しています。


20180625-3.png

20180625-4.png
治療終了時の状態です。

永久歯を抜歯する事無く治療を完了する事が出来ました。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月25日

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


当矯正歯科医院では、まず上顎骨の劣成長の改善から治療を始めていきます。

20180625-.png

出来るだけ目立たない矯正装置を使って上顎骨の拡大を始めます。

金属の矯正装置がありますが、これは隣の歯との段差が大きい場合に使用します。

20180615-2.png

3ヶ月ぐらいで矯正装置は全て小さな目立たない装置になりました。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月24日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

当矯正歯科医院は抜歯をすることなく矯正治療を進めていきます。
一般的な症例をご紹介したいと思います。

☆治療前☆
0624.jpg


通常、上下第1小臼歯を4本抜歯する症例です。
次回より当矯正歯科医院の治療を説明していきたいと思います。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月23日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回に引き続き小学校低学年への治療法を説明していきます。

☆治療前☆
0623-1.jpg


まず、咬合高径(咬む高さ)を改善するためにレジンを乳臼歯に張り付けていきます。

0623-2.jpg


咬合高径を改善するだけでも上下顎骨はバランスを取り戻していきます。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月22日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

今日からまた新しい症例をご紹介したいと思います。

写真は、小学校低学年の口腔状態です。
上下顎骨が低成長で咬合高径(咬む高さ)も低い状態です。
また、顎骨の歪みも診られます。
この状態をそのまま様子を見ていても改善されるわけではありません。

0622.jpg

次回からどの様に改善していくのかを説明していきたいと思います。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月19日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、咬み合わせの状態を時系列で紹介しました。

当矯正歯科医院の小学校低学年の改善目標は、上下顎の未発達と咬み合わせの高さの改善です。

矯正治療の最終目標は美しい歯並びの個性正常咬合ですが、並べるべき永久歯は小学校低学年ではまだ骨の中にある為、並べることはできません。


☆下顎骨の治療前後
0619-1.jpg

☆上顎骨の治療前後
0619-2.jpg 


☆治療前の咬合高径(咬む高さ)治療前後

治療前
0619-3.jpg

治療後
0619-4.jpg
  

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月18日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


数回にわたり治療手順を説明してきました。

その結果として...

0618-1.jpg
4歳9ヶ月 

0618-2.jpg
9歳4ヶ月

0618-3.jpg
この様な咬み合わせに改善する事が出来ました。

また、その1年後の予後も順調です。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月17日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

上顎骨の改善ができてから下顎骨の拡大を始めます。

その後は上下顎骨と咬合高径の改善を毎月少しずつ無理がない様に治療していきます。

その際、保護者の治療における手助けは必要ありません。

ただ、月に1回通院して頂くだけで上下顎骨の拡大と咬合高径(咬む高さの)の改善が出来ます。

治療期間は1年6ヶ月です。

0617.jpg

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月16日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

上下顎骨の拡大は上顎骨から始めます。その後、上顎骨が十分に改善してから下顎骨の拡大を始めます。

咬合高径(咬む高さ)の改善は随時少しずつ進めていきます。

当院では治療での短時間の急激な変化はなるべく避けています。

0616.jpg

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月15日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


当矯正歯科医院では小学校の2,3年の混合歯列期に第1回目の治療を開始します。

その治療目標は上下顎骨の劣成長の改善と咬合高径(咬む高さの)改善です。

もちろん、矯正治療の最終目標は個性正常咬合ですがその治療は中学1年生前後の永久歯が萌出してから治療を開始します。

まず、咬合高径(咬む高さ)の改善する為にレジンを利用して始めます。

0615.jpg

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月14日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

20180608.png

4歳9か月 男子

4歳9か月の男子の口腔状態です。顎が偏位(曲がって)しています。

大人になると顎関節が固まってしまうため早期に治療すべき症例ですが、当院ではある程度、上下の前歯が萌出してから治療を始めます。


20180608-1.png

三年後の7歳9か月の状態です。なかなかの難症例ですが思う程に悪化はしていませんでした。


当院ではこの位の前歯の状態で治療を開始します。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月13日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


矯正方法にはいろいろな方法があります。


今、話題になっているのはマウスピース矯正や裏側に矯正装置を付ける舌側矯正、インプラントを使用したインプラント矯正、一般的な第一小臼歯(中間歯)を抜歯するストレートワイヤー法や3次元に歯を動かして歯並びを整えるMEAW(マルチループ法)などがあります。


それぞれに長所、欠点があります。

ただ、当院は口腔機能を重視した矯正治療を目指しているためMEAW(マルチループ)を利用した非抜歯矯正治療を心がけています。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月12日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

平成の最後の骨太の方針にも「口腔の健康は全身の健康にもつながる」ということが明記されました。

これは歯科治療が単に口腔の痛みや腫れを取るだけでなく全身の健康にかかわっている事が認められた証です。

また、医療分野では幼少期の健康状態が健康寿命に影響するという数々のレポートが発表されています。

口腔機能の役割には呼吸(口呼吸と鼻呼吸)、咀嚼(食物をかみ砕く)、嚥下(食物を飲み込む),講音(発音など)、ストレス管理と様々な役割を担っていますが、幼少期の口腔状態で様々な悪影響を与える事となります。

そして、その悪影響は悪習癖となり老年期にまで影響を与え続けていく事となります。

来年度より新しい時代を迎えるにあたり、医療法人社団 クオリタスいずみ歯科矯正歯科医院としては「成長期に於ける口腔機能の向上により、老年期の生活環境の向上を目指す」ことを目標として地域医療に貢献していきたいと考えています。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆


2018年6月11日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

平成の時代も今年で30年を迎えます。そして平成は今年度で終了して来年度は新しい元号による新時代の幕開けを迎えます。

当矯正歯科医院も開業は平成元年、今年で30年を迎えています。

この間、当院では非抜歯での治療を心がけ日々研鑽して今日を迎えています。

矯正学の歴史を紐解くと八重歯などを改善する美容的要素が高い治療傾向から非抜歯によって口腔機能を重視する治療に進化してきました。

次回に続きます。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆


2018年6月10日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

20180605-4.png


20180605-5.png

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 9日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

20180605-1.png


20180605-2.png


20180605-3.png


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 8日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

8029運動をよろしくお願いします!

80歳で美味しく肉を食べるためには、口腔内の健康に加えて口腔の機能を維持することが必要になります。

口腔機能を維持して積極的に肉を食べることで、誤飲性肺炎や低栄養が予防できこれが健康寿命を延ばすことにつながります。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 7日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

8020運動は成功しました。高齢者の歯を残すことを達成しました。

そこで、千葉県歯科医師会としては口腔機能を維持・向上して健康寿命をさらに伸ばしていく事を目標として8029運動を推進していく事を決定しました。

「8029推進事業」です。8029はハチマルニクと読みます。

意味は「80歳で肉を食べよう」ということです。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 6日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

8020運動とは日本歯科医師会が推薦してきた運動です。

この運動意味は「80歳で20本の歯を残しましょう。」と言う意味です。

この運動は平成元年に始まりました。その当時には8020を達成している高齢者は7%しかいませんでしたが、今や二人に一人は8020を達成している状態となりました。

まずは、健康のみなもとの歯を80歳まで残すことに、平成元年から30年かけて一定の成果を残すことが出来ました。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 5日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

成長期の機能障害の影響は大人になってからも持続します。

ただ、その影響は病気と言うまでには至りませんが老年期のQOLに影響する事となります。

子供の機能障害はその後一生涯にわたり少なからず影響を与える事になります。

当院の混合歯列期における治療はその時期に起こっている機能障害を早期に取り除くことで口腔機能を正常に改善する事で全身の発育を円滑に進めることにより、全身機能を向上させることを目標にしています。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 4日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

前回、「子供の頃からの生活環境が壮年期以降の健康に強く影響する。」という事が最近の医療分野で注目を集めている事を紹介しました。

歯科領域でも歯並びが悪い為に発音が上手く習得できず大人になってもその発音の癖が取れないと言ったことがあります。

また、全身成長の面からも子供は成長期であるため脳の発育、身長など成人では考えられない成長が見られる時期に当たります。

この時期に口腔機能に異常があると少なからず成長に影響を与えることとなります。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 3日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

歯科医療が脳梗塞、心筋梗塞など全身疾患と関係することは、既に新しい医療知識ではなく医療エヴィデンスが確立したものとなっています。

また、ボケ、認知症と言った脳の機能や精神疾患にいたるまで少なからず関係している可能性の証明を解き明かそうと日々研究が進んでいます。

しかし、これからの矯正治療を考えるキーワードとしては「子供の頃からの生活環境が壮年期以降の健康に強く影響する。」という事が最近の医療分野で注目を集めています。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 2日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

近頃、矯正治療は機能を重視するようになりました。

一番初めに重視されだしたのが咀嚼(食物を食べる)と言う機能です。

このために矯正学では美しいとされる前歯の咬み方の形が決まっていたのですが咀嚼の機能を考えると下顎の動きはそれぞれに個性があり統一された基準で縛る事が不可能である事が分かってきました。

このために前歯の咬み合わせの形は人それぞれの美的感覚にそって治していくこととなりました。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2018年6月 1日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

1700年(元禄13年)前半に始まった矯正治療が本格的に世の中に認知されだしたのは1900年(明治33年)前半からです。

当時、矯正治療は八重歯などの前歯の歯並びを整える事が治療目標でした。

その後、治療は反対咬合(受け口、下顎前突)や出っ歯(上顎前突)など前歯の歯並びだけではなく咬み合わせ全般を治療対象とするようになってきました。

この時期にアングルがアングルの分類を発表して6歳臼歯が正常に咬む位置を正常咬合として矯正治療の最終目標が確立しました。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

« 2018年5月 | メイン | 2018年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いずみ歯科矯正歯科医院 院長 和泉正弘

いずみ歯科矯正歯科医院のHPはこちら
院長 和泉正弘

私は「いずみ歯科矯正歯科医院」を開業して以来、「咬み合わせと全身状態」をテーマに咬合治療に取り組んできました。

気がつくと早いもので20数年があっと言う間に過ぎてしまいました。

この間必要に迫られ、耳鼻科・精神科等の勉強もさせてもらいました。また、歯科では幾多の先人の先生にご教授していただきました。

昨今、世の中では50、60歳鼻たれ小僧と言われますが、歯科界も同じでわたしもやっと鼻たれ小僧の一員になれたばかり。この年で偉そうなことを言えた立場ではありません。とはいえ、「歯並びやかみ合わせを本来の状態に戻してあげる」という目標を掲げてながら、日々研鑽しております。