«  2017年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月31日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)

当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


今日もアングルの分類について説明していきます。

アングルの2級1類について説明します。

このタイプは良く言われる「出っ歯」です。

下の写真がアングル2級1類です。


01.png


特徴は上下顎6歳臼歯が左右共に出っ歯方向に咬んでいる状態でオーバージェットに異常が診られる状態です。

上下顎第一大臼歯(6歳臼歯)の咬合とオーバージェットに異常があります。


参考文献:歯科矯正学教科書より


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月30日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)

当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


今日もアングルの分類について説明しています。


前回はアングルの2級には二種類ある事を図で説明しました。

ただ、アングルの2級の1類と2類の違いが分かりにくいと良く言われます。

理解する為にはオーバージェットとオーバーバイトを絡めると理解しやすいでしょう。

下の図を参照してください。

1-4-10.png


参考文献:歯科矯正学教科書より

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月29日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)

当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回に引き続きアングルの分類について説明していきます。

本日はアングルの2級2類です。


294.png


皆さんはアングル2級2類はあまり馴染みが無いかも知れません。

下の写真が俗に言う過蓋咬合です。

両側性の下顎遠心咬合で、上顎前歯が後退しているものや正常な鼻呼吸を営むもので片側性のものもあります。


02.png


参考文献:歯科矯正学教科書より


次回もアングルの分類について説明していきます。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月28日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)

当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


今回はアングルの2級に二種類ある事を図で説明していきます。


まずは、アングルの2級1類です。

293.png


01.png


これが俗に言う「出っ歯」です。

両側性の下顎遠心咬合で、上顎前歯が前突しているものや口呼吸を伴うもので、片側性のものもあります。


次回はアングルの2級2類のついて説明していきます。


参考文献:歯科矯正学教科書より


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月27日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)

当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回に引き続きアングルの分類について説明していきます。

アングルの1級が分かったところでアングルの2級の説明をします。


<アングルの2級の定義>

下顎歯列弓が上顎歯列弓に対して正常より遠心にあるものをアングルの2級と言います。


アングルの分類は上顎第一大臼歯と下顎第一大臼歯の咬み合わせの位置で近遠心(前後)的咬合関係を分類したものです。


*キーポイント

アングルの2級は上顎骨が下顎骨より前に出ている状態のことを指します。

そして、アングルの2級には2種類あります。


次回、図で二種類を説明していきます。


参考文献:歯科矯正学教科書より


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月26日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)

当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

今日もアングルの分類について説明していきます。


前回の説明で上下第一大臼歯の頬側咬頭の咬み合わせが理解できたでしょうか?

では全体像を見てみましょう。

*キーポイント

アングルの1級は矯正治療の最終目標形態ではありません。

アングルの1級は正常咬合と思いがちです。

しかし、アングルの1級は近遠心(前後)的咬合関係が正常であって下の図のように歯列が八重歯であってもアングルの1級です。


292.png


参考文献:歯科矯正学教科書より


次回も出っ歯について説明していきたいと思います。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月25日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


今日も引き続きアングルの分類を説明していきます。


前回までの説明で上下顎第一大臼歯(6歳臼歯)の形が理解できた事と思います。


その上下顎第一大臼歯の正常に咬み合った状態が下の図です。

281.png

このように第一大臼歯の近心頬側咬頭の三角隆線が、下顎第一大臼歯の頬側面溝に接している咬み合わせをアングルのⅠ級と言います。


次回は出っ歯について説明していきます。


参考文献:歯科矯正学教科書より

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月24日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)

当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

前回に引き続きアングルの分類について解説していきます。

今回は下顎第一大臼歯(6歳臼歯)です。

どの様な形になっているのでしょうか。

2-102.png


sita6.png

下顎第一大臼歯の頬側から見える咬頭は3つです。


参考文献:歯科矯正学教科書より


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月23日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、アングルの分類では上下顎第一大臼歯の咬み合わせ方が大事であると説明しました。

しかしながら、上下顎第一大臼歯の咬み合わせとは一体何のことでしょうか。
この上下顎第一大臼歯の形を知らない事がアングルの分類を理解出来ない理由の一つであるようです。

それでは上顎第一大臼歯(6歳臼歯)の形を見ていきましょう。


137 2-79.jpg

上顎第一大臼歯の頬側から見える咬頭は2つです。


137 2-81.jpg
上図の形態をよく覚えて下さい。
その上で咬頭(尖った部分)の数を確認してください。咬頭の数は頬側面も舌側面も二つの咬頭があります。

この事がキーポイントです。


参考文献:歯科矯正学教科書より


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月22日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


アングルとは人名です。

アングルは1899年に不正咬合の分類法を発表しました。

この分類法が 【アングルの分類】 です。


これは、上顎歯列を基準として上顎第一大臼歯の位置を正しいものとします。

そして、上顎第一大臼歯と下顎第一大臼歯の咬み合わせの位置で近遠心(前後)的咬合関係を考えます。


その位置関係から、以下の3つに分類したものです。

*アングルのⅡ級:下顎が後方に移動している。
*アングルのⅠ級:上下顎の前後関係は正常である。
*アングルのⅢ級:下顎が前方移動している。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月21日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


アングルの分類でアングルⅡ級とアングルⅠ級が良くわからない...
また、アングルの分類を臨床でどう利用するのか?

と言う質問を頂きました。


ここで少し回数を使って説明していきたいと思います。

歯科衛生士を目指す学生のみなさんにも、間近に迫る国家試験対策に少しでも役に立てるような内容にしていきたいと思います。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月20日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


歯科治療で最も理想的な咬み合わせは、総義歯の咬み合わせになります。

皆さんの中に総義歯の方は滅多にいないと思いますが、見た目が美しく、よく話が食べたり話したり出来る咬み合わせの集大成が総義歯の咬み合わせとなります。

もし、咬み合わせの高さが間違っていたら水を飲む事さえ難しくなります。

昔の矯正学は美容に傾きすぎたかもしれません?


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月19日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、かつて矯正治療は美容面に傾きすぎていた事を話しました。

今日の話は矯正の咬み合わせの最終形です。


現在の矯正治療は、永久歯が全部萌えてから第一小臼歯を抜いて治療を開始する事が一般的な治療の流れとなっています。

ずると、不思議な事が起きてしまいました。

まるで歯を4本抜いた咬み合わせが綺麗で機能的であるかのような考えが広まり始めた感があります。

この考えは明らかに間違いです。

何故なら総入れ歯(永久歯の一本も無い入れ歯)を作る時は、全ての歯を並べるからです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月18日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

前回は矯正治療に関わらず、歯科治療全般で奥歯の咬み合わせの高さが重要であることをお話ししました。

今回も似たようなことを説明していきます。


50年程前、矯正治療では美容(審美)ということに重点を置いていました。

恐らく、昔は美容整形の技術が今ほど確立していなかった為に、永久歯を抜くことで顔貌を変化させる事が矯正のひとつのテーマであったかも知れません。


テレビでもビフォーアフターを売り物にした番組が視聴率を稼いでいました。

3か月ぐらいでビッツクリする程に変化させることが売りで、その中に歯並びも入っていました。

では、たった3か月で矯正が出来るのでしょうか?

実は、見えるところだけ治療して奥歯は咬んでいなかったのです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月17日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


上顎前突の治療で奥歯の咬み合わせの高さを注意しなければならない理由を前回に説明しました。

余談になりますが、咬み合わせの高さを改善する事は矯正治療のみに重要な問題ではなく歯科治療の全般で注意すべきことです。

一般的な治療でも、患者さんとしては
人に見えてしまう前歯から治療してほしいと希望するのは当然の事と思います。

しかし、前歯から治療していくと奥歯の支持がないため、前歯に過剰な負担がかかってしまう為に差し歯などが早期に壊れてしまう事があります。

まず、奥歯を治療していく事が肝心です。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月16日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


今日は、上顎の前突の治療で抜歯矯正をする時に気を付けなくてはいけない事をお話ししたいと思います。


まず、抜歯矯正では前歯部の咬み合わせの高さを改善する事はできますが、小臼歯から後方の臼歯の咬み合わせの高さを改善する事が難しいという事です。


そのため、矯正治療終了後も奥歯で食事がしづらいなどの症状が出ることがあります。


一般的な矯正治療では歯を抜いてその隙間を利用して歯を横に移動させる治療を100年間
研究してきたので、歯を立体的に動かす事が苦手です。

そのため、奥歯の咬み合わせの高さが低いことが多い上顎前突は難症例という事になります。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月15日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


当院は 非抜歯矯正 を治療の柱としています。


抜歯矯正では、上顎の前突の場合は第一小臼歯を抜いて治療をしていきます。

第一小臼歯は幅が平均8㎜ある為、抜いた後の隙間を利用して前歯部の咬み合わせを高くしていきます。

抜歯矯正の分かりやすい欠点としては、どんなにひどい上顎の前突でも、どんなに簡単な前突でも、矯正治療で必要な幅に足りない時も余分な時も小臼歯分の8㎜の幅が供給されてしまう事です。


例えば、歯を並べる為に必要な幅が2㎜足りない場合でも第二小臼歯を抜くことがあります。

この場合必要な幅は2㎜だけですが、小臼歯を抜くことで幅は8㎜供給されるので治療が終わった時に歯と歯の間に隙間が出来てしまう事があります。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月14日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


上顎の前突の治療は気を付けないといけないのは何故でしょう?


出っ歯の原因には、ひとつは下顎骨が後ろに移動している事。

もう一つは咬み合わせの高さが低い事があげられます。


他の原因もありますが、ほとんどがこの二つの原因で起こっています。

前出した前歯の傾斜角度の問題は咬み合わせの高さの問題によって引き起こされる事が多いです。

また、睡眠時無呼吸症や顎関節症などの原因の主たる物は下顎の後方移動から引き起こされる事が多いです。


そこで治療法を選択する時には、抜歯矯正と非抜歯矯正では治療目標が異なる事を知っておく必要があります。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月13日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


上顎の前突の治療では美容的な要素ばかりを追求すると、思いもよらない落とし穴に陥る危険性があります。

というのは、口元は美容の面で非常に重要な役割を果たしていますが、食事をしたり会話をしたりと、繊細な機能的運動を展開する機関でもあるからです。

そして、その運動のかじ取り役またはハンドル役と言われるものが、犬歯を中心とした前歯6本です。


前歯の傾斜角度は前述したように顎関節のエミネンスの傾斜角度とほぼ一致するために、無暗に奥歯の咬み合わせを考えずに治療すると色々な不定愁訴が診られる事があります。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月12日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


美容整形と美容(審美)矯正の違いはどこにあるのでしょうか?

歯科矯正の場合では、美容的な要素の他に機能的な事も考慮に入れて治療を進めなくてはいけないからです。

シワを消したり、一重を二重にしても機能的には何の問題もありませんが、口腔機能は全く違います。

一本でも痛む歯があると、いつものようにご飯を咬む運動ができなくなります。

また、咬む高さが変わる事で、水が飲めなくなったり正確に発音できなくなったりします。


"美容整形" と "美容矯正" は機能と言う面で異なるものです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月11日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回までは、上顎の前突が発見されにくいことを説明しました。

また、非抜歯で上顎の前突を治療する為には、顎関節を考慮すると早期に治療を開始することが必要であることも紹介しました。


では何故、上顎の前突を治療した方がよいのでしょうか?


一昔前、矯正は審美(美容)を重視していました。

つまりは「スマイル」です。

"自信をもってスマイルしましょう。″ というのが一つの目標でした。


今、その目標が顕著にみられるのが、○○美容矯正・歯科の表示で見られるところの、歯科です。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月10日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

上顎の前突は症例が多いのに早期には発見されにくいです。

それは顎関節が小学校時代にはまだ固定されていない為に、自由に下顎骨を移動させることが出来るからです。

また、矯正学では全ての永久歯が萌出して顎関節が固定されてから上下の第一小臼歯を4本抜いて治療を開始する事が定石です。

そのために全ての永久歯が萌出するまで様子を見る事が一般的な考えでした。


このようなことから、上顎の前突は早期に発見されることが難しい事例となっています。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 9日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


世界基準で矯正治療は全ての永久歯が萌え終わってから開始します。

この時期には三回目の顎関節の変化があります。

この変化で顎関節はエミネンスも含めて完成します。

100年間使い続ける事が出来るように骨でガッシリと固定されます。


この時期になると、当院では署名な上顎の前突は改善できない事例も出てきます。

遅くとも中学生ぐらいで治療を開始する事をお薦めします。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 8日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

犬歯が萌えて来ると顎関節のエミネンスが成長を始めて、下顎の動きをコントロールし始めます。

この時期に出っ歯や低位咬合の状態が著名に出てくるので、気になって来院される方が増えてきます。

一般的には矯正治療は永久歯が萌え終わってから始めます。

この場合の矯正治療の目的は審美的な目標が多いのですが、口腔機能を一番に考えると顎関節と犬歯の傾斜角度の調和をコントロールする事が重要なので、小学校低学年から治療を開始する事をお薦めします。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 7日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


小学校高学年の女子はこの時期に出っ歯を主訴として来院される方が多くなります。

というのは、犬歯が萌えてくる時期となるからです。

犬歯が萌えてくると二回目の顎関節の変化が起こり、今まで自由に動いていた下顎の運動に制限がかかってきます。

すると、今まで隠れていた出っ歯が見えてことになります。

この時期には毎月毎月、どんどんと出っ歯になっていくので保護者の方が驚いて来院される事となります。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 6日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


早期治療を希望される方は、ほとんどが受け口です。

では、小学校低学年では出っ歯はいないのでしょうか?


基本的に日本人などのモンゴロイドは出っ歯ですから、受け口より出っ歯の方が実数は当然のこと多いです。

しかし、出っ歯の人は小学校低学年ではどうして見つからないのでしょうか?


それは、まだ顎関節の形が決まっていないからです。

出っ歯の人は、顎関節の形がまだ決まっていない為に、正常な位置に下顎を自由に動かしているのです。

では、いつ頃になると出っ歯が目立って来るのでしょうか?


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 5日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回は三歳児の顎関節の話をしました。

この時期はまだ顎関節の形がアバウトで自由度が高い状態です。


顎が後方に移動している出っ歯(上顎の前突)の状態では、本人が口腔機能面で不具合を感じる事となります。

その為、顎の位置を比較的自由に動かす事の出来る3歳頃は、下顎を前後させる事で、咬み合わせなどの位置を正常な位置に移動させます。


顎を正常な位置に移動出来るのは、顎の関節がアバウトで固まっていないからです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 4日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回は、乳児に顎関節は無い事を説明しました。

では何歳頃に顎関節は出来るのでしょうか?


3歳半位になると、地域で各種の検診をします。(3歳児検診)

その際に、歯科検診も行います。

検診を行う位の年になると、お子様はカレーやパスタをパクパク食べるようになっています。

これは、顎関節の形成と関係があります。


2歳前後には平らだった顎関節部の骨が湾曲して顎関節を形づくり始めます。

顎関節が出来上がっていくお陰で、3歳児はご飯をパクパク食べる事が出来ます


しかし、この時はまだ顎関節の形は完全に出来上がった状態ではありません。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 3日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

顎の関節は下顎骨を機能的に運動させるために大変重要なパーツです。

では、顎の関節は生まれた時から変化しないのでしょうか?


顎関節は歯や歯肉と違い歯科では珍しく見えない部位なのでなじみが無いのですが、成人になるまで約3回もの変化をします。


まず、生れた時はご飯が母乳ということもあり、成人とは全く違った形をしています。

なんと、乳児にはエミネンス以前に、顎関節そのものが無いのです。

関節部分は平らなのです。


というのも、咀嚼(食事)をとる運動も会話をすることも必要ない為、下顎を繊細に動かす必要が無いので顎関節の機能が必要無いのです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 2日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


下顎運動を誘導する顎関節隆起の傾斜を「エミネンス」と言います。

犬歯は下顎を自動車のハンドルの様に誘導しますが、その犬歯はエミネンスの角度に誘導されます。


下顎が機能的に運動する為には、エミネンスの角度と犬歯の傾斜角度が同じ時に最大の能力を発揮します。


審美的にも機能的運動にも重要な前歯の傾斜角度のおおもとである「エミネンス:顎関節隆起の傾斜」はいつ作られるのでしょうか?

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年12月 1日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


12月は、 水・日・祝と12/28(木)~2018年1/4(木) まで休診 となります。

なお、12/27(水)は診療致します。
最終受付は 17:00 です。


年末は診療時間が変更になっております。

皆様にはご不便をお掛けしますが、よろしくお願い致します。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


下顎運動は犬歯によって誘導されることを説明しました。

しかし、犬歯のみが万能である分けではありません。

世の中は調和が必要です。

では、犬歯はなにと調和をとっているかと言うと、それは顎関節です。


顎関節の部位に関節隆起という突起があり、下顎はその突起の傾斜を滑り落ちるようにして機能的な運動をします。

専門的にはその傾斜を「エミネンス」と言います。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いずみ歯科矯正歯科医院 院長 和泉正弘

いずみ歯科矯正歯科医院のHPはこちら
院長 和泉正弘

私は「いずみ歯科矯正歯科医院」を開業して以来、「咬み合わせと全身状態」をテーマに咬合治療に取り組んできました。

気がつくと早いもので20数年があっと言う間に過ぎてしまいました。

この間必要に迫られ、耳鼻科・精神科等の勉強もさせてもらいました。また、歯科では幾多の先人の先生にご教授していただきました。

昨今、世の中では50、60歳鼻たれ小僧と言われますが、歯科界も同じでわたしもやっと鼻たれ小僧の一員になれたばかり。この年で偉そうなことを言えた立場ではありません。とはいえ、「歯並びやかみ合わせを本来の状態に戻してあげる」という目標を掲げてながら、日々研鑽しております。