«  2017年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年11月30日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回は前歯、特に犬歯が下顎骨の動きをガイドしている事を説明しました。

しかし、犬歯が下顎運動の主導権を100%になっている分けではありません。

もし、犬歯を動かすだけで下顎運動をコントロールできるのであれば、矯正治療はこれほど楽な事はありません。


事実、前歯を動かしすぎて食事がとれなくなる人もいます。

では、犬歯(前歯)は何に影響を受けているのでしょうか?

それは顎関節の形に影響を受けているのです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月29日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回の顎関節と前歯の話を補足します。

上顎骨は頭蓋骨と一体となっていて動かない物です。

それに比べて、下顎骨はブランコのように顎関節を支点としてブラブラした動きをしています。


下顎骨の動きが定まらないと食事が出来ないので、何か下顎の動きを導く装置が必要です。

その装置を人体では前歯が担っています。

特に犬歯が下顎骨の動きのハンドル役を務めています。

この事を専門用語で犬歯誘導と言います。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月28日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、前歯の傾斜角度(形)は下顎の動きに適応して決められる事をお話ししました。


では、下顎の動きはどの様にして決められているのでしょう。

それは顎関節の形によって決められています。


顎関節には関節隆起というコブのような隆起があり、下顎の関節の先端がその隆起に沿って移動する事で下顎が動きます。

その隆起がなだらかであれば出っ歯になり、急峻であれば受け口に適応しやすくなります。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月27日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、顔貌が凸顔型の方で顔貌の矯正を希望している人は歯科矯正ではなく美容整形をお勧めしますとお話ししました。

この事には訳があります。


凸顔型の人は上顎、又は上下顎の前歯が前方に傾斜しています。

この前歯が傾斜している事が審美的には異常ととらえる事も出来ますが、機能という事を考えると凸顔型の人にとっては顎を動かしやすい形態と言えます。


また、受け口(下顎前突)の人の前歯は垂直に立っています。

これも出っ歯の人のように前歯が前方傾斜していると、受け口の人は機能的に食事が出来ない状態となってしまします。

全ては、個人の下顎の動きに適応して前歯の形が決められています。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月26日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、出っ歯には2種類ある事をお話しましたが、これには他の考え方もあります。
顔面の側貌形態から評価する考え方です。


側貌形態は次の三つの型に分類されています。

A:直顔型(ストレートタイプ)
B:凸顔型(コンペックスタイプ)
C:凹顔型(コンケイブタイプ)


出っ歯はBの型になりますが、顔面骨の形態が大きく言えば出っ歯の顔貌なのです。

分かりやすく言えば、歯が無くても顔つきが出っ歯の顔つきなのです。


凸顔型の顔の形を気にされている人は、わたしの考えでは歯科矯正ではなく美容整形をお薦めします。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月25日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


出っ歯の原因は、上下顎骨を中心に考えると2種類あります。

ひとつは上顎骨そのものが前方に過成長している場合です。

この場合、非抜歯で治療するのは少し難しいです。


もう一つは下顎骨が後退しているタイプです。

治療しやすいですが、出来れば永久歯の犬歯が萌えてくる前に改善しておくと良いタイプなので、早期治療がお勧めです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月24日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


出っ歯には2種類あります。

ひとつは前歯が前方に突き出した出っ歯です。


もう一つは前歯が前方ではなく、深く咬みこむタイプです。

これは、過蓋咬合(かがい 咬合)と言います。


過蓋咬合の人は顎の動きが制限されることから、卓球やテニスといった身体をねじる競技が苦手です。

過蓋咬合でテニスで活躍している選手がいますが、血の滲むような練習をしているはずです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月23日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


上顎前突では、転んで前歯を傷つけてしまう人が一般的な人より30%多いという結果が出ていました。

これは転んだ時に前歯が出ているために、この様な数値が出ると信じられていました。

しかし近頃の研究ではそれに加えて、出っ歯の人は重心が定まりにくく多動で転びやすいという説が浮上してきました。


そう言われて見れば、出っ歯で有名な芸人さんも良く観察すると、常に動いていることが
分かります。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月22日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、口腔機能の基本的な役割を説明しましたが、その他にも

*ストレス管理(歯ぎしりや、食いしばりでストレスを解消する。)
*運動能力の向上(スポーツマウスピースを利用した、スポーツ歯学)
*睡眠障害(睡眠時無呼吸症、睡眠負債)
*情緒、落ち着き等への関連

等々、多岐にわたって研究が進んでいます。

次回は上顎前突の最前線の情報を話していきましょう。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月21日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、歯科で言う「審美」は「美容」の事だとお話ししました。

当然、前歯はひとに自分を印象付けるアイテムですので、美容という観点は必要なものです。

その他にも口腔機能として

①咀嚼(食物をかみ砕く)
②嚥下(食塊を飲み込む)
③呼吸(アングルのⅡ級からの睡眠時無呼吸症、通常時の動脈血酸素飽和濃度の低下等の一因)
④会話(歯並び、咬合で発音しにくくなる)

というQOL(生活の質)に非常に重要な分野を担っています。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月20日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


矯正では "審美的" とか "機能的" と言う言葉を目にします。

今回は矯正での「審美的」という意味を説明します。


まず、「審美的」と言う言葉ですが、歯医者は一般的に使われている言葉であると勝手に信じていますが、実はあまり馴染みのない言葉です。

世界的には「審美」と言う言葉は無くなり、「美容」という言葉に変わってきています。

美容外科とか○○美容学会はありますが、○○審美医学会はありません。

審美と言う言葉が残っているのは日本国内では歯科のみです。

このため、歯科で「審美」と言ったら「美容」のことだと思って下さい。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月19日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、矯正歯科治療の最終目標である個性正常咬合の話をしました。

矯正では、昔は 「自信をもってスマイルしましょう」 と審美を前面に押し出したキャチフレーズがありましたが、近頃は 「機能的な」 などという言葉を見る機会が多くなっています。


そこで、専門書にも

「機能正常咬合とは解剖学的に正常でなくても、機能的に異常の認められない正常咬合」
(参考文献:歯科矯正学 第5版 P71)

という正常咬合の説明分が付け加えられました。


では、 "機能的" とはどのような事なのでしょうか?


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月18日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


矯正学では「個性正常咬合」を目指して治療を進めていきます。


「個性正常咬合とは、個人により異なった個性的な正常咬合。
個体ごとに歯の大きさ、形態、植立状態、あるいは顎骨の大きさ、形態などは異なっており、個体ごとに構成される正常咬合も個性的な状況下で構成される理想的な咬合を考えなければならない。
矯正歯科治療の最終目標はこのような個性正常咬合である。」

(参考文献:歯科矯正学 第5版 P71)

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月17日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


今回は矯正治療でどの様な歯並びと咬合を目指しているのか?についてお話していこうと思います。


一般的に何が正常で何が異常かを明確に分ける事は困難です。

解剖学的にも機能的にも正常である理想の咬合を定義する事は出来ますが、理想的な咬合を持っている人など存在はしません。


特に歯科矯正の場合は歯を抜く事が多いので、その時点でどんなに上手く治療が出来たとしても、本来の正常咬合ではありません。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月16日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


上顎前突の診断にはオーバージェットの値のみを利用します。

これは、他の値を軽視している分けではありません。

オーバージェットを改善する為には、下顎の前方移動が必要です。

しかし、オーバーバイトを改善しないと下顎を前方に移動させる事が出来ません。

また、オーバーバイトを改善しただけだと、咬んだ時に上下の前歯に空隙が出来てしまう為、上の前歯の傾斜を改善する事となります。


つまり、上顎前突の治療結果を判定する為にはオーバージェットの値が改善されていれば
他の要因も改善されている事となります。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月15日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、人の骨の形や筋肉の強さ、顎関節等が個々に違う為にオーバーバイト、オーバージェットの値を一概に定めている専門書が少ないことを紹介しました。


先頃、「矯正 YEAR BOOK 2016 ~永久歯列の上顎前突を極める~」という著書が出版されました。

その一つの文献によれば、機能的咬合にはオーバージェットの値は2~4㎜、オーバーバイトは3~5㎜程度必要としていると言うのです。

その理由は、顎関節の状態、特に関節隆起、いわゆるエミネンスの形態も関係してくる
為との意見が書かれています。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月14日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


さて、35年前はオーバーバイト、オーバージェットは共に2.5㎜以内と考えられていました。

今でも2.5㎜と思っている歯医者さんがが多いほどです。。


しかし、近年の専門書ではその記述が見られなくなっています。
(歯科矯正学、第5版等)


というのは、矯正学は昔、顎関節の形態をあまり重視しなかったため、どんな人でもオーバージェット、オーバーバイトを審美的に一番綺麗な状態に矯正出来ると考えていました。

ところが、実際は人の顔は筋肉の強さや骨の大きさ、顎関節の形など千差万別でこれらの値を一概に何㎜であると断定できなくなってきました。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月13日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


前回、オーバージェットの値で上顎前突の診断をする話をしました。

では 「オーバージェット」 とは何でしょう?


オーバージェットと対でオーバーバイトという言葉があります。


 オーバージェット とは、上下顎中切歯の近遠心的な距離の事です。

正常咬合では+2・5㎜(ただし、35年前の考え)


 オーバーバイト とは上下顎中切歯の垂直的な距離の事です。

正常咬合では+2・5㎜(ただし、35年前の考え)


さて、今回は正常咬合での35年前の数値を紹介しましたが、矯正学も日々進歩して考え方も変わってきています。

今はどうなっているのでしょうか?


次回、紹介したいと思います。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月12日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


真面目な話から。

上顎前突とは、俗に出っ歯と表現されます。

高橋の分類と言うものによると、 「上顎前突をオーバージェットが7~8ミリ以上あるような不正状態の総称」 としています。


また、オーバージェットが6ミリ以上の場合、転んだ時に前歯が欠けたり、唇を歯で傷つけてしまう事が通常の状態より確立が約30%も高くなる事と、顎関節症との関連性も考えられるため臨床的には6ミリ以上のオーバージェットがある状態を上顎前突と言います。(参考文献:歯科矯正学、第5版)


ここで何を言いたいかと言うと、矯正学では上顎前突の診断ではオーバージェットしか診ていないという事です。

でも、オーバージェットとは何の事でしょか?

次回、説明します。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月11日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


日本人の風刺画を見たことがありますか?

出っ歯(上顎前突)でメガネをかけていて、顎が小さくて、背広とネクタイという姿が頭に浮かんでくる事と思います。


多分、我々はあんなに出っ歯ではないと心の中で思う事でしょう。

それには訳があります。

骨格の特徴として、我々黄色人種は基本的に出っ歯の骨格を持っています。

白人は受け口が基本形です。

 「え?」 と思われるかもしれませんが、自分のお気に入りの白人の男優や女優を思い出して下さい。

見事に発達した下顎が思い浮かぶ事でしょう。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月10日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


10年後は100歳でも歯肉や歯並びが当たり前となってくる事をお話ししました。

しかし、特に我々人類は集団生活を旨とする種である為、自分たちのグループに同一性を求めてしまう為に 「美しい歯並び」 をグループのメンバーにも求める事となります。


歯並びは矯正保定装置をしなければ何歳でも乱れてしまいます。

矯正治療をして綺麗な歯並びになったら、この状態を一生の宝物として保って欲しいと思っています。


その為には、くどい様ですが矯正の保定装置を一生使用してください。

当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 9日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


美魔女がブームとなって早や何年も経ちました。

50・60歳でも30・40代に見える事は、もはや数年後にはニュースにもならないでしょう。


今、ボディーラインが重要視されていますが、まもなく、歯並びや歯肉の色が注目され始める事でしょう。

今は100歳の人の歯並びをイメージすると、歯がまばらに抜け落ちているか、総入れ歯になっている姿を思い浮べるかもしれませんが、後10年もすればピカピカの歯肉や、輝くような歯並びが当たり前となっているでしょう。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 8日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


矯正の保定装置で使われるマウスピースは少し柔らかい材料を使います。

この柔らかい性質は歯を嚙みしめた時の顎関節にかかる負担を軽減してくれます。

矯正保定装置は少なくとも5年間は使って頂きたいのですが、5年間も使っていると体が慣れてしまい、かえって保定装置を使用しないと寂しくなるようになります。


折角、矯正の保定装置になれたわけなので、顎の関節を100年間守る為にも使い続けてみてはいかがでしょうか?


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 7日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


人は歯を食いしばってストレスをコントロールして平和な協調的社会生活を営んでいます。

その歯を食いしばる事で負担がかかるのが顎関節です。

その顎関節は人体で最も壊れやすい関節であるため、ストレス社会である現代では顎関節症という疾患の患者数が増えています。

関節はいったん壊れると完治が難しい構造の為、出来るだけ壊れない様に一生を送っていく事を心がけないといけません。

しかし、人生が100年という長さになった現代ではなかなか難しい事となってきました。

そこで、登場するのが矯正用の保定装置です。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 6日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


腰が痛い、膝が痛いとか耳にしませんか?

これは、いずれも関節痛です。

関節は一度壊れてしまうと、元の健康な状態に回復する事が非常に難しい場所です。


ところで、人体で一番構造的に壊れやすい関節はどこかと言うと顎関節となります。

哺乳類は食事が取れなくなると死ぬしかないので、顎関節は特に頑丈に作られています。

しかしながら、人は垂直に立って、脳を発達させる為に頭蓋骨の形を変えてしまいました。


その時にどうしても顎関節を守っている骨を薄くする必要があり、人体の数ある関節の中で最も壊れやすい関節となってしましました。

その為、人だけ顎関節症という病気に悩まされる事となりました。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 5日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

 
人だけが顎関節症に悩まされています。

その理由は、大脳皮質を大きく成長させてしまう事で、感情豊かになり知的生活を満喫できるようになった反面、ストレスをコントロールしないと精神疾患に陥り、平和な協調的社会生活を営む事が難しくなってしまうという宿命を背負ってしまったからです。


よく「歯を食いしばって頑張れ」と言いますが、実際、脳科学のレポートから歯を食いしばると精神的・肉体的ストレスに対して精神機能が立ち向かう力を得ることが分かりました。

人は仏教で言う生老病死に対して歯を食いしばって人生を楽しんでいるのです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 4日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


今、歯ぎしりで困っている人が激増しています。

歯ぎしりの治療法として、対処法ではありますが寝ている時にマウスピースを使用する事が一般的です。

このマウスピースは基本的に矯正の保定装置と同じです。

ただ、材質が矯正の保定装置のほうが格段に優れています。

材料の値段も10倍ぐらい違います。


矯正の保定装置としてマウスピースを使用しますが、メガネと同じで付けたときは早く外したいものです。ただし、5年も使用すると馴染んでくるものです。

その為、歯ぎしりから歯を守り100歳でも綺麗な歯並びでいる為に、一生矯正の保定装置を使用する事をお勧めします。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 3日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


人はストレスを軽減するために歯ぎしりをします。

しかしながら、その代償として大切な歯が削れて行ってしまいます。

そのため、70歳代の人の臼歯は歯ぎしりで削れて平らになっています。

人生が50年であれば十分に一本の永久歯で一生使えたのですが、今や人生100年の時代を迎えて一本の永久歯では間に合わない状態となってきました。

かと言って、サメやネズミの様に歯が何回も生え変わる事も無いので、今ある歯を100年間大切に使う方法を考えなくてはいけません。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 2日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


人は睡眠中にストレスを管理する為に、 歯ぎしり や 食いしばり をします。

この行動は生理学的には必要な事なのですが、困った事に睡眠時は身体を守る為の力を制御するリミッターが外れてしまいます。

その為、異常な力が加わって歯や歯周組織を破壊してしまいます。

歯には悪い事ばかりなので、昔から歯科では歯ぎしりを悪役の代名詞のように見ていましたが、今では脳科学が発展して、歯ぎしりはストレスから心を守ってくれる正義の味方となってきました。


美容的な目的で矯正治療を始める人も多いですが、あと5年もすれば、気持ちよく歯ぎしりをする為に矯正を始める人が増えてくる事でしょう。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年11月 1日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!

こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


人は夜にストレス管理の為に歯ぎしりをします。

歯ぎしりの音を聞いてみると「バリバリ」とすごい音をたてて歯が折れるのではないか?と親族の方が心配する事があるほどです。


その人が起きている時に歯ぎしりして寝ている時と同じように「バリバリ」音がするぐらい嚙みしめようとしても、その様な音を立てる事はできません。

何故なら、人の身体には自分を破壊する以上の力が掛けられない様にリミッターがあるからです。

 「火事場の馬鹿力」 という言葉がありますが、これは火事のような非常事態になると
リミッツターが外れ、女性でも大きなタンスを一人で抱えて火事場を逃げ出す事を言います。

非常事態では無いのですが、寝ている時にもリミッターが外れます。

その為に歯が削れていく程に「バリバリ」と歯ぎしりをするのです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

« 2017年10月 | メイン | 2017年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いずみ歯科矯正歯科医院 院長 和泉正弘

いずみ歯科矯正歯科医院のHPはこちら
院長 和泉正弘

私は「いずみ歯科矯正歯科医院」を開業して以来、「咬み合わせと全身状態」をテーマに咬合治療に取り組んできました。

気がつくと早いもので20数年があっと言う間に過ぎてしまいました。

この間必要に迫られ、耳鼻科・精神科等の勉強もさせてもらいました。また、歯科では幾多の先人の先生にご教授していただきました。

昨今、世の中では50、60歳鼻たれ小僧と言われますが、歯科界も同じでわたしもやっと鼻たれ小僧の一員になれたばかり。この年で偉そうなことを言えた立場ではありません。とはいえ、「歯並びやかみ合わせを本来の状態に戻してあげる」という目標を掲げてながら、日々研鑽しております。