«  2017年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年5月25日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


さて、矯正の最終目標は 永久歯を美しく並べる事 です。

では、小学生低学年のまだ多くの乳歯が残っている時に何を目標に治療をするのでしょうか?

また、始める年齢は何歳位からを目安にするのでしょうか。


当院では、

*上下前歯が4本萌出
*模型を作る為の型取り(印象)が出来る
*レントゲンが撮影出来る
*30分ぐらい椅子に座っていることが出来る年齢になったとき

に治療を開始します。

おおむね男子は7~9歳女子は7・8歳が丁度いい事が多いです。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆


2017年5月22日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


6月は、 水・日・祝と6/11~6/14まで休診 となります。

ご不便をお掛けしますが、よろしくお願い致します。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年5月18日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

2017年5月25日(木)は、都合により午後休診となります。

最終受付10:30となります。

急な休診でご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願い致します。


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院☆☆☆


2017年5月15日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


さて、機能的な個性正常咬合とは左右の臼歯部6番がアングル1級であり上下の歯がしっかりと咬んでいる状態を言います。


矯正学に於いて全ての計測値が基準値内であればいいのですが、現実的にはそのようにならない場合があります。


ここで患者さんの選択となります。

美容を追及したいのであれば歯を抜く矯正を選んでください。

機能を重視したいのであれば当院がお力になれるかもしれません。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

2017年5月12日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!

さて、本日は当院の目指す咬み合わせについてお話ししたいと思います。


☆個性正常咬合☆
「個人により異なった個性的な正常咬合、個体ごとに歯の大きさ、形態、植立状態、あるいは顎骨の大きさ、形態などは異なっており、個体ごとに構成されている正常咬合も個性的な状況下で構成されている理想的な咬合」


☆機能正常咬合☆
「解剖学的に正常でなくても機能的に異常の認められない正常咬合」


以上(歯科矯正学 医歯薬出版株式会社)

この2種類の正常咬合に歯を抜かないで近づける事が目標です。


詳しい治し方や治療の写真を見たい!

という方は、いずみ歯科矯正歯科医院HPにて沢山の症例をご紹介しております!

ぜひご覧ください。

2017年5月11日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


人間はそれぞれ個性があります。

何が正常で何が異常であるかと明確に区別することは難しいです。


また人種によっても特徴があります。

矯正学で利用される指針となる検査表は一般的には白人を対象とした歴史がある為、我々モンゴロイド系とは少しズレる可能性があります。


では、歯を出来るだけ抜かない当矯正歯科医院の目指す咬み合わせとはどのようなものであるか?


次回よりお話ししたいと思います。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆


2017年5月 8日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは(*^^*)
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます!


矯正診断学で不正咬合の分類ではアングルの分類が使用されます。

この分類法は簡単に説明をすると、上下6歳臼歯の咬み方の位置により正常・上顎前突(出っ歯)・下顎前突(反対咬合、受け口)の三種類に分類されます。


では、上下顎前突はどこに入るのでしょうか?


この質問には何故か歯科医でも知らない人が多いのですが、アングルの二級に分類されています。

時折、他矯正歯科医院でアングルの一級(正常咬合)で上下顎前突との診断書を目にすることがありますが驚かされます。


当院では、矯正の無料相談を行っております(^^)

矯正に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください♪


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

« 2017年4月 | メイン | 2017年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いずみ歯科矯正歯科医院 院長 和泉正弘

いずみ歯科矯正歯科医院のHPはこちら
院長 和泉正弘

私は「いずみ歯科矯正歯科医院」を開業して以来、「咬み合わせと全身状態」をテーマに咬合治療に取り組んできました。

気がつくと早いもので20数年があっと言う間に過ぎてしまいました。

この間必要に迫られ、耳鼻科・精神科等の勉強もさせてもらいました。また、歯科では幾多の先人の先生にご教授していただきました。

昨今、世の中では50、60歳鼻たれ小僧と言われますが、歯科界も同じでわたしもやっと鼻たれ小僧の一員になれたばかり。この年で偉そうなことを言えた立場ではありません。とはいえ、「歯並びやかみ合わせを本来の状態に戻してあげる」という目標を掲げてながら、日々研鑽しております。