«  2017年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年1月31日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


こんにちは!

私たちは歯を抜く事なく <抜歯矯正>
骨を切る事なく <外科矯正>

矯正治療によって、皆さまの呼吸機能・顎関節機能等を向上させ、
より健康的な人生を歩む手助けをさせて頂く為に
日々研鑽している矯正歯科医院です。


今回は、前歯の咬み合わせが一部上下逆になっている<交叉咬合>
の改善症例です。


     治療前       治療後
s-070811 whole teeth cut.jpgs-100709 whole teeth cut.jpg

治療前の写真では、前歯が一本だけ咬み合わせが上下逆になっています。

治療後は、前歯の咬み合わせが改善しています。

期間は、1年6カ月で治療方法は独自の方法です。

この症例は、前歯という特に神経が敏感な場所でもある為、
早期に治療してあげたい症例です。


もっと詳しく知りたい!

という方は、 当院の無料矯正相談で疑問を解決しませんか?

お気軽にご連絡ください!(^^)!

2017年1月30日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


こんにちは!
いずみ歯科矯正歯科医院のブログをご覧いただきありがとうございます♪


V字型歯列弓は歯列矯正で改善する方法が最も現実的であると考えます。

治療法としては、 取り外しできるタイプ と
 歯に取り付けるタイプ があります。
  
今現在、当院では 歯に取り付けるタイプ を多様しています。


その理由は、取り付けるタイプの方が治療効果がより高く、
また、装着感も取り外しより支持が高いからです。


当院では、小学生低学年より治療を開始する方が多いのですが、
取り外しのきく装置は、 外せるという利点 の他に 付けてくれないという欠点 も内在します。


矯正に興味のある方は、当院の矯正の無料相談へお越しください(*^^*)


      矯正治療前         矯正治療後
s-080125 lower teeth.jpgs-s-100615 lower teeth cut.jpg

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


将来、歯並びが悪くならないように出来たなら...嬉しいですよね?

予防は矯正学の一番弱いところだと私は考えています。


また、それだから興味のあるところでもあります。


現在、出っ歯にしても受け口にしても
完全にはその形成される仕組みが解明されていません。

V字型歯列弓にしてもそうなのですが、
逆にまったく解明されていない訳でもありません。


これまた私の私見として聞いてほしいのですが、

歯並びが悪くなる1番の理由としては、舌の動きが悪くなっている事

これには遺伝も関係していますが、
 母乳であるか否か? そして 口呼吸であるか否か? 
等も関係していると思います。


これらの事はかなり奥が深いです。


興味のある方は、当院の矯正の無料相談へお越しください!(^^)!


お口がポカンと開いてしまう状態
030517 smile cut.jpg

2017年1月27日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


こんにちは!
本日もいずみ歯科矯正歯科医院のブログをご覧頂きありがとうございます♪


さて、指しゃぶりの危険信号(→★)が点灯したら、
どうすればいいのでしょうか?


--------------------------------------------------------------

 「良くない事」 だと分かってもらって、
 止めるように約束 しましょう。


 寝る前などの無意識の時にどうしても指しゃぶりをしたくなる子は
  指に包帯などを巻いてみるのも一つの方法です。


 長期間止められなくて口元の形が不自然になってきたら、
  唇のストレッチで筋肉を改善することも良い方法です。

----------------------------------------------------------------


しかし残念ですが、何をしても止められない場合もあります...

歯並びが変わってしまうと、口の中に装置を付けないと治すことが出来ません。


<指しゃぶりで起こるお口の変化>
090806 teeth side B_copy.jpg


お子様の歯並びが気になる!

という方は、当院にて矯正の無料相談受付中です!

お気軽にお問い合わせください(^^♪

2017年1月26日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


こんにちは!
当院のブログをご覧頂き、ありがとうございます(*^^*)


今日は、指しゃぶりの注意信号です。

歯並びを卒業できないと、歯並びやお口の機能に影響が出てくることがある(→

と前回お話ししましたが、
いつまでに卒業できればいいのでしょうか?


遅くとも 2歳半まで に止めるのが理想的です。


それ以降は注意信号と言えるでしょう。


*4歳
 この時期にやめられれば、悪くなった歯並びも自然に元に戻り易い時期です。

*6歳
 歯並びが悪くなっていると、元に戻りにくくなってきます。

*7歳以降
 歯並びだけではなく、顎骨の形が変わってきてしまいます。


<指しゃぶりで起こるお口の変化>
s-060313 teeth side.jpg


4歳以降になってもとれない場合は、
情緒的な面を考慮して小児科に相談するのも良いでしょう。


詳しく知りたい方は、いずみ歯科矯正歯科HPにも矯正のお役立ち情報をご覧いただけます!

また、当院では矯正の無料相談を行っております(*^^*)
お気軽にお問い合わせください♪

2017年1月24日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


こんにちは!
いつもブログをご覧頂きありがとうございます(^^♪


さて、本日は 指しゃぶり についてです。


s-090804 指しゃぶり6 cut.jpg


指しゃぶりは、70~90%の赤ちゃんに見られますが、
自然としなくなることと思います。

しかし、指しゃぶりを卒業できないと、
歯並びやお口の機能に影響が出てくることがあります...!


<1>歯並び・顎の発育への影響

<2>口元・顔の形への影響

<3>発音・お口の機能面への影響

<4>心の状態への影響

などです。


次回は、指しゃぶりの注意信号についてお話しします。


詳しく知りたい!と言う方は、
いずみ歯科矯正歯科医院HPもご覧ください♪

2017年1月23日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


こんにちは!
いずみ歯科矯正歯科医院のブログへようこそ!(^^)!

今日は、 すきっ歯 の続きです。

すきっ歯①


     矯正前          矯正後
s-090220teeth side.jpgs-101018 teeth side.jpg


さて、すきっ歯のこのお口には歯並びだけではない問題が潜んでいます。

それは・・・

①上下の顎がかなり小さい
②咬み合わせの高さが低い

です。

綺麗な歯並びの為には咬み合わせ全体のバランスがとても重要です。

その為、当院ではすきっ歯だけではなく、顎の大きさや咬み合わせの高さなどを
立体的によくしていく事を心がけています。


治療後の写真では、咬み合わせのバランスが改善しています。

これにより、将来歯並びを綺麗にする際に、歯を抜く必要がなくなります。


当院では、矯正の無料相談を行っております!

治療方法はそれぞれ異なる為、
診査・診断後、患者様にあった治療法をご説明していきます。

矯正をお考えの方は、一度ご連絡ください♪
 

いずみ歯科矯正歯科サイト

2017年1月20日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


こんにちは(^^♪
いつも当院のブログをご覧頂きありがとうございます。


今日は、 すきっ歯<正中離開> です。

     矯正前          矯正後
s-090220teeth side.jpgs-101018 teeth side.jpg


前歯の歯と歯の間に大きい隙間があります。

この場合、歯と歯の間に隙間があるので、

顎が大きい = 永久歯の萌えるスペースがたくさんある!

と思いがちです。

しかし、実はすきっ歯のお口には隠れた問題が潜んでいるのです...

次回に続きます✨


更新が待てない! もう少し詳しく知りたい!

という方は、いずみ歯科矯正歯科医院では矯正の無料相談を行っております(*^^*)

お気軽にお問い合わせください♫

2017年1月19日

 ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 無料相談受付中です!


こんにちは!
本日も当院ブログをご覧頂きありがとうございます!

今回は、歯並びが悪く、顎が小さいお子様の症例です。


    矯正前         矯正後
s-090126whole teeth cut.jpgs-100227 whole teeth cut.jpg


今回も治療には、独自の方法とビムラー装置等を利用しました。

咬合バランスをよくする為には、
顎を大きくするだけでは不十分と考えています。

その為、かみ合わせの高さなどを立体的に改善していく事を心がけて治療しています。


もう少し詳しく知りたい!という方は、
当院にて矯正の無料相談を行っております。

診査・診断後、患者様にあった治療法をご説明していきます。
お気軽にご連絡ください!(^^)!


 

2017年1月17日

 ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 無料相談受付中です!


こんにちは!いずみ歯科矯正歯科医院です。
本日もブログへのご訪問ありがとうございます(^^♪


さて、子供の矯正ですが、
今日は、 顎が小さく歯並びが悪いお子様 についてのお話です。


お子様の矯正をお考えの方は、

「顎が小さく、歯が並ぶスペースがない。顎の骨を拡げましょう。」

と説明を受けた事はありませんか?


当矯正歯科医院では、咬合バランスを改善する為には、
顎骨の拡大だけでは不十分と考えています。

その為、 かみ合わせの高さなどを立体的に改善 していく事を心がけています。


今回の症例は、 1年半の治療期間 で改善する事が出来ました。


      矯正前          矯正後
s-091006 whole teeth cut.jpgs-RIMG25708.jpg


しかし、綺麗な咬合バランスとなっていますが、
永久歯も綺麗に並ぶかどうかはまだ分かりません。

綺麗な咬合バランスであれば、将来の歯並びが良くなる訳ではないからです。


治療にあたっては診査・診断が必要となります。

当院では審査・診断を含めた矯正の無料相談を行っております!

興味のある方はお気軽にご連絡ください♪
 

いずみ歯科矯正歯科医院HPにも矯正のお役立ち情報を掲載しております。

ぜひご覧ください!

2017年1月16日

 ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 無料相談受付中です!


こんにちは!
本日もブログをご覧頂きありがとうございます!(^^)!


引き続き、 子供の矯正 について症例をお見せしたいと思います。

大人の矯正は、いずみ歯科矯正歯科医院HPへどうぞ!

今回の場合、歯並びが悪い原因は 上顎が小さい事 でした。


    拡大 矯正前         矯正後
s-090601upper teeth.jpgs-100209 upper teeth.jpg


診査・診断の結果、
上顎の大きさを約10ミリ大きくしなくてはならないことがわかりました。

今回の症例は、約6カ月ほどで改善しています。

しかし、拡大だけで将来の歯並びが良くなる訳ではありません。

矯正は、奥が深いのです...。


もう少し詳しく知りたい方は当院で矯正の無料相談を行っております!

お気軽にご連絡ください(^^♪


また、いずみ歯科矯正歯科医院HPには、矯正のお役立ち情報が満載です。
こちらも是非ご覧ください。


2017年1月13日

 ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 無料相談受付中です!


こんにちは!

いずみ歯科矯正歯科医院ブログをご覧頂きありがとうございます(^^)


私たちは、

歯を抜く【抜歯矯正】ことなく
骨を切る【外科矯正】ことなく

矯正治療する事によって、
皆さまの呼吸機能・顎関節機能等を向上を目指し、
より健康的な人生を歩む手助けをさせて頂く為に、日々研鑽しております。

今日は、子供の矯正の症例をひとつご紹介致します。


    矯正前 正面         矯正前 下顎
s-090602whole teeth.jpgs-090602lower teeth.jpg


    矯正後 正面         矯正後 下顎
s-101111 whole teeth.jpgs-101111 lower teeth.jpg
 

症例写真の様な方でも、1年6カ月で当院独自の方法により、
改善していく事が可能です。


当院では、矯正の無料相談受付中です!

お気軽にご連絡下さい!(^^)!


当院HPにも矯正のお役立ち情報を掲載しております。

いずみ歯科矯正歯科HP

2017年1月12日

 ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 無料相談受付中です!


こんにちは!

本日もブログをご覧頂きありがとうございます(^^)

前回に続き、子供の矯正です。

子供の矯正は何歳から始めればいいか?
を心の発育の観点からお話ししていこうと思います。

大人の矯正や、矯正の無料相談は当院HPからどうぞ!


さて、  子供の矯正は出来るだけ早い時期に開始するといい
と耳にする事がありませんか?

骨のバランスを整えるという改善目標を考えると、
その考えは大変、理にかなった考え方だと思います。


しかし、この考え方には大きな落とし穴があります。

お子様おひとりおひとりには心があるという事です。


普通、子供の矯正では取り外しのできる装置を使用します。

この装置は、口の中に装置を入れているだけで効果が期待できる為、
簡単に矯正ができるような気がします。

ただし、 口の中に入れさせる事が低年齢の子供には難しい のです。

なぜならば、3・4歳の子供に装置を使う意味を説得する事は、
非常に困難な事だからです。


では、なぜ小学校2年生位に矯正を始めるといいのか?

それは、心の発育と関係があります。

心が成長すると、自分の意見や考えを持ってきます。
これは、もちろんいいことだと思います。

しかし、例えば、お母様は「矯正をさせたい!」と思っても
お子様が「やりたくない!」と思えば、
治療をスムーズに進めることが出来なくなってしまうのです。

自我が少なく、ご両親の指示に従いやすい年齢が丁度小学2年生なのです。


この様な事から、心の発育を考えると
小学2年生が一番スムーズに治療を進める事ができます。


矯正治療をスムーズにするためには、患者様ご本人のやる気がとても重要です。

子供の矯正をお考えの方は、心の発育も参考にしてみると良いかもしれませんね🍀


もう少し詳しく知りたい方はHPのトップページをご覧ください。

いずみ歯科矯正歯科サイト

2017年1月10日

 ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 無料相談受付中です!


こんにちは!

本日もいずみ歯科矯正歯科医院ブログご覧頂き、ありがとうございます!

引き続き、 子供の矯正 についてお話ししていきたいと思います。


前回は、顎関節の写真を見て頂きました。


   小学生低学年        中学生2~3年生
s-5.jpgs-7_copy.jpg


この写真の中学2・3年の顎関節は、
小学2・3年の子供達に比べて動きにくくなっている事が分かるでしょうか?

歯を抜かないで出っ歯の治療をする為には、下顎を動かす必要があります。

その為には、関節が固まって動かなくなる前の
小学校の低学年から中学1年位までが最も適しているでしょう。


      矯正前             矯正後
s-090131 teeth side.jpgs-100727 teeth side.jpg

もう少し詳しく知りたい方は、当院にて矯正の無料相談を行っております!
お気軽にご連絡ください(^^)

また、HPのトップページにも矯正のお役立ち情報がごさいます。

大人でも歯を抜かずに治療できるの?
子供の歯並びが気になる...

などなど、いずみ歯科矯正歯科サイトへどうぞ!

2017年1月 6日

 ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 無料相談受付中です!


こんにちは!

いずみ歯科矯正歯科医院ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

今日から数回に分けて、 子供の矯正 について
お話していきたいと思います。


これまで、いくつか出っ歯の症例をブログでもご紹介してきました。

これらの写真をみると、

「なんだ、歯が萌えそろってからでも抜かないで矯正できるんだ」

と考えた方も多い事と思います。


しかしそれは違います。断じて違います。

特に出っ歯の症例では・・・。

その理由は、顎の関節が年齢によって変化していくからです。


   小学生低学年        中学生2~3年生
s-5.jpgs-7_copy.jpg


次回に続きます...


ブログの更新が待てない! 矯正の話を聞いてみたい!
という方は、矯正の無料相談を行っておりますので、ご連絡ください(^^)


また、HPには大人の矯正など、矯正のお役立ち情報を掲載しております。

いずみ歯科矯正歯科サイト

2017年1月 5日

 ☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 無料相談受付中です!


新年あけましておめでとうございます!


今年は暖かいお正月となりましたが、皆様どのようなお正月を過ごされましたか?
新年も素敵な一年にしたいものですね(^^)

いずみ歯科矯正歯科医院スタッフ一同頑張りますので、
今年もよろしくお願い致します!


さて、ブログでは今年も矯正に関するお役立ち情報を皆様にお伝えしてまいります!


お子様の歯並びが気になる!
歯並びを綺麗にしたい!
矯正に興味があるけれど、なかなか踏み出せない...!


といった皆様のご参考になれば幸いです🍀


年初めのテーマは、 子供の矯正 です。
明日から何回かに分けてお伝えしていきたいと思います。

ぜひご覧ください(^^♪


いずみ歯科矯正歯科医院HPでも様々な症例をご紹介しております。

また、当医院では、矯正の無料相談を行っておりますので、興味のある方はご連絡下さい!

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いずみ歯科矯正歯科医院 院長 和泉正弘

いずみ歯科矯正歯科医院のHPはこちら
院長 和泉正弘

私は「いずみ歯科矯正歯科医院」を開業して以来、「咬み合わせと全身状態」をテーマに咬合治療に取り組んできました。

気がつくと早いもので20数年があっと言う間に過ぎてしまいました。

この間必要に迫られ、耳鼻科・精神科等の勉強もさせてもらいました。また、歯科では幾多の先人の先生にご教授していただきました。

昨今、世の中では50、60歳鼻たれ小僧と言われますが、歯科界も同じでわたしもやっと鼻たれ小僧の一員になれたばかり。この年で偉そうなことを言えた立場ではありません。とはいえ、「歯並びやかみ合わせを本来の状態に戻してあげる」という目標を掲げてながら、日々研鑽しております。