«  2010年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2010年11月30日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


私は母校の学術委員をしている関係で、
同窓会主催の講習会のお手伝いをしているのですが...

凄い先生にお目にかかりました!

福岡天神で開業されている山道信之先生です。


山道先生はインプラントでの講演でしたが、
インプラントを植立するために骨を作っていく独自の方法を示して頂きました。


私の矯正も独自の方法で骨の形を変えていく処にありますので、
先生の御苦労が私なりによく分かりました。

余りにすごい先生なので、ここに御紹介させて頂きます。

特にブログの中に最新の情報があります。
もう少し詳しく知りたい方はHPのトップページをご覧ください。
いずみ歯科矯正歯科サイト


PB280061_copy.jpg

2010年11月25日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


人間の体は常に肩や腰などの関節でバランスをとろうとしています。

実は、上下の咬み合わせは一つの関節の役目を果たしているのです。

歯並びが悪い・顎が曲がっているといった状態は、
平衡感覚や回転運動に不都合な影響を与えます。

当然、その状態で100%の力を発揮することは難しい。

スポーツのレベルが上がるほど、体のずれによって生まれる1ミリ、
0.1秒の差が結果として大きな違いになる。


当院では、歯を抜かずに見た目もバランスも整える矯正を行っています。

本来あるべき歯を抜いたら、バランスが崩れる。

体全体のバランスは、スポーツをする子にとって、一番大切なことです。


歯並びと運動能力...意外な関係ですね。


歯を抜かない矯正に興味がある!

という方は、当院にて矯正の無料相談を行っております。
お気軽にご連絡ください(^^♪

2010年11月 8日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


昔と比べると、今は歯並びが悪い人の割合が増えていますが、

口のガンの1000人当たりの発生率は他の身体の部位と比べると同じです。


特に口のガンが目立って増加している訳ではありません。


ガンの発生に注目すれば、
歯並びよりもむし歯の放置などに気をつける事が肝心です。

また、私の意見として聞いてもらえれば、
V字型歯列弓の人はのどや鼻と言った呼吸機能が低下している人が多いと言う事です。

それと共に、舌やくちびるなど口の周りの筋肉に異常が起きている事があります。

気をつけましょう。

特にブログの中に最新の情報があります。
もう少し詳しく知りたい方はHPのトップページをご覧ください。
いずみ歯科矯正歯科サイト


s-060313 side up cut.jpg

2010年11月 5日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


先日テレビ番組で、歯列不正<特にV字型歯列弓>でガンになり易くなる、
といった内容の番組が放映されたようです。

その番組を見た方が、私の知り合いの歯科を訪れたり、
また、当歯科医院の患者さんからも質問を頂きました。


テレビの影響力には関心させられます。


ところで、患者さん質問は3点に絞る事ができそうです。


----------------------------------------------------------

1>V字型歯列弓だと将来、ガンになってしまうのか?

2>どうすれば、予防できるのか?

3>どうすれば、治療できるのか?

----------------------------------------------------------


      治療前           治療中 
s-060829 upper teeth V字.jpgs-090601upper teeth V字.jpg


特にブログの中に最新の情報があります。
もう少し詳しく知りたい方はHPのトップページをご覧ください。 
いずみ歯科矯正歯科サイト

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いずみ歯科矯正歯科医院 院長 和泉正弘

いずみ歯科矯正歯科医院のHPはこちら
院長 和泉正弘

私は「いずみ歯科矯正歯科医院」を開業して以来、「咬み合わせと全身状態」をテーマに咬合治療に取り組んできました。

気がつくと早いもので20数年があっと言う間に過ぎてしまいました。

この間必要に迫られ、耳鼻科・精神科等の勉強もさせてもらいました。また、歯科では幾多の先人の先生にご教授していただきました。

昨今、世の中では50、60歳鼻たれ小僧と言われますが、歯科界も同じでわたしもやっと鼻たれ小僧の一員になれたばかり。この年で偉そうなことを言えた立場ではありません。とはいえ、「歯並びやかみ合わせを本来の状態に戻してあげる」という目標を掲げてながら、日々研鑽しております。