«  2010年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年10月26日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


教科書では歯列を矯正する為に、歯を抜いて治療をします。

ではなぜ歯を抜くのでしょう?

それは顎の大きさに対して歯が並ぶスペースが足りない事が
原因の一つとされています。

そして、顎は大きくなりにくいとされています。


<歯を抜く矯正・歯を抜かない矯正>の写真に示したように、
当歯科医院では顎骨の形を容易に変える事が出来ます。


矯正前        
s-070216 upper teeth cut.jpg 
s-070216 lower teeth cut.jpg


矯正後
s-090324 upper teeth cut.jpg
s-090324 lower teeth cut.jpg


「どのように変えるのですか?」 と歯医者さんによく聞かれます。

答えは 「秘密です。」 .......


特にブログの中に最新の情報があります。
もう少し詳しく知りたい方はHPのトップページをご覧ください。
いずみ歯科矯正歯科サイト

2010年10月19日

☆いずみ歯科矯正歯科HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちらへどうぞ!


こんにちは!

8月に、早期の矯正治療について勉強しいと思い、
ゴールドコーストにて診療しているDR,Farrellを訪ねて来ました。

医院の歯科衛生士が思う存分、力を発揮しており、
私の医院とかなり近いものを感じました。

前回お話したように、
 歯並びを筋肉の機能から改善していくコンセプト も共通しており
とてもフレンドリイな雰囲気の歯科医院訪問となりました。
 

IMG_4279 (4)_copy.jpg


特にブログの中に最新の情報があります。
もう少し詳しく知りたい方はHPのトップページをご覧ください。
いずみ歯科矯正歯科サイト

2010年10月18日

☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆ 矯正のお役立ち情報はこちら!


こんにちは!
ブログを立ち上げて、早や10ヶ月も過ぎてしまいました。

この間ボーっとしていたわけではありません。

色々な新しい理論や装置を研鑽していました。


今回ご紹介するのは、 トレーナー と呼ばれている装置です。

TRAINER SYSTEM<TM>と呼ばれ、単体名としては

T4K、i-3、T4B

といった日本人には馴染まない名前の付いた装置です。


この装置に興味を持ったのは、当医院で10年程前から愛用していた
ビムラー装置と治療のコンセプトが同じであったからです。


すなわち、歯並びや骨格のアンバランスは、

舌や周囲の筋肉の異常や口呼吸の影響がかなりある。

といった考えに基づいて開発されたものです。


この装置の優れている点は、

筋肉の異常をビムラーより格段に改善する事が出来る。
シリコンで作られている為、ビムラーよりも装着感が向上している。

といった点です。


この装置は、オーストラリアのシドニー大学出身のDr、Chris Farrellにより
20年前より開発され、今も日々改善されている優れモノです。


☆☆☆いずみ歯科矯正歯科医院HP☆☆☆

« 2009年4月 | メイン | 2010年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
いずみ歯科矯正歯科医院 院長 和泉正弘

いずみ歯科矯正歯科医院のHPはこちら
院長 和泉正弘

私は「いずみ歯科矯正歯科医院」を開業して以来、「咬み合わせと全身状態」をテーマに咬合治療に取り組んできました。

気がつくと早いもので20数年があっと言う間に過ぎてしまいました。

この間必要に迫られ、耳鼻科・精神科等の勉強もさせてもらいました。また、歯科では幾多の先人の先生にご教授していただきました。

昨今、世の中では50、60歳鼻たれ小僧と言われますが、歯科界も同じでわたしもやっと鼻たれ小僧の一員になれたばかり。この年で偉そうなことを言えた立場ではありません。とはいえ、「歯並びやかみ合わせを本来の状態に戻してあげる」という目標を掲げてながら、日々研鑽しております。