2008年3月 « トップへ » 2009年3月

2009年1月27日

Q.子供の矯正を考えています。いつ始めればいいでしょうか?

当歯科医院の小児予防矯正の目的はまだ萌(は)えていない永久歯の歯並びではなく、骨のバランスを矯正することによって、呼吸機能等などを本来の状態に改善する事にあります。

この診断をすることができれる年齢は、反対咬合で5歳ぐらい、その他の症例で小学校低学年ぐらいと考えていただければよいでしょう。また、骨のバランスを改善することにより将来の永久歯の美しい歯並びの下地にもなります。

2009年1月26日

Q.歯を抜く必要はありますか?

現在1000症例以上の治療を行っておりますが、今までのところ永久歯を抜いたことはありません。当歯科医院の治療目標は体の機能向上・改善です。

その目標達成のためには、歯を抜かないことが近道です。ただ、親知らずがある場合は、矯正後の美しい歯列を保つために抜く必要があります。

2009年1月25日

Q.治療中の痛みはどの程度ですか?

痛みの感じ方は、同程度のストレスであっても個人個人で感じ方はまったく異なります。また、同じ人であっても疲れていたり面白くない事があった後などは、痛みの感じ方はより鋭敏になります。

当歯科医院では痛みの対策として、特殊なワイヤーやレーザー等などを使用することにより同人、同条件の場合、痛みの感じ方を半分ほどにすることができます。

2009年1月24日

Q.矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

矯正治療を希望される方々はスポーツ、演奏を趣味とされる方が多いようです。当歯科医院の場合は男子でサッカー、野球、ゴルフ女子で吹奏楽、ダンスなどです。

しかし、矯正治療をしながら快適にそれらの事を楽しんでいるわけではありません。みんな未来の自分のために今のひと時を我慢していると考えてください。

2009年1月23日

Q.結婚式など、特別な日だけ矯正装置をはずすことはできますか?

できません。ただ、どうしても必要である場合は別料金となりますが相談してください。

2009年1月22日

Q.治療中に引っ越した場合は、どうすればいいですか?

当歯科医院の矯正方法は独自に研鑽した方法であるため、申し訳ありませんが他の矯正歯科医院で同じ治療を受けることはできません。特に引っ越しなどが予定されている場合は相談してください。

ただし、途中で治療を中止したからといって、その後歯並びが崩壊することはありません。当歯科医院の矯正方法は永久歯を抜かないからです。

2009年1月21日

Q.支払い方法について指定はありますか?

当歯科医院の支払いの特徴は、相談料や毎回の調整料、最後の保定料がすべて最初に提示された料金に含まれていることです。

その提示料金を小児予防矯正では初回、3ヶ月後、6ヶ月後の3回でお支払いしていただき、また歯列矯正の場合は、初回とその初回月を含む6ヶ月目毎に治療費を入金していただきます。

ただし、引っ越し等、治療継続ができなくなった場合は申し訳ありませんが、1度入金していただいた治療費はお返しすることはできません。

治療期間中、引っ越し等などにより治療が中断なく継続できるかよく吟味してください。


2008年3月 « トップへ » 2009年3月


コールバック予約