トップへ » 当院の6つの強み » 呼吸器疾患の改善 あごの骨を拡げることで免疫力もアップ

呼吸器疾患の改善 あごの骨を拡げることで免疫力もアップ

あごの骨を拡げることで免疫力もアップ歯並びが悪いお子さんをお持ちの方で、のどや鼻の呼吸器が弱いといった悩みを抱えているお母さまはいらっしゃいませんか?

実はお子さんの気管支炎やぜんそく、アレルギー性鼻炎、いびきなどの呼吸器疾患には、子供の歯並びが大きく影響しています。そう聞くと驚かれるかもしれませんが、実際に歯並びを改善するだけで、これらの症状が治まっていくお子さんがたくさんいるんですよ。

なぜなら、歯並びの悪いお子さんの多くはあごと歯の大きさに差があるからです。あごの骨が普通より小さい状態であるため、お口の中が小さくなり気道も狭くなっているのです。

そこで症状に合った複数の器具や、独自の理論によってあごを拡げていくと、気道がうまく確保されます。あごを拡げると、気管支の拡張剤を使用した時と同じような効果があります。その結果、呼吸器疾患が改善されていくのです。

さらに口呼吸から本来の鼻呼吸に戻ることで、免疫バランスもUP。炎症やアレルギー疾患の改善にもつながります。

<下の歯並びを拡げることにより下記の症状の改善が認められました>
あごの骨を拡げることで免疫力もアップ

※千葉県保険医協会パンフレットより

<呼吸器の症状の改善が認められた症例/治療前後の顎の骨の変化>
オペの手順1


トップへ » 当院の6つの強み » 呼吸器疾患の改善 あごの骨を拡げることで免疫力もアップ


コールバック予約