トップへ » 当院の6つの強み » 症例紹介 » 外科矯正なしの矯正②

外科矯正なしの矯正②

外科矯正なしの矯正 外科矯正なしの矯正
 ≪症例説明≫
・反対咬合(受け口)を基本として、側面が開咬している症例です。
・歯を抜くことなく、骨を切ることなく、2年6ヶ月で改善しています。
・治療方法は独自の方法です。

≪一口メモ≫
歯を横に移動させて歯並びを改善する事が矯正治療であるとすると、この症例のように骨にひづみがある場合は、歯を抜く一般的な矯正治療の方法では厄介な症例となります。

当矯正歯科医院では、骨の形を立体的に改善する事が出来ます。その為、歯を抜くことなく、骨を切ることなく、歯並びを改善することが出来ます。
ただ、どんな症例でも治療できるわけではありません。治療前の診査診断が必要です。


トップへ » 当院の6つの強み » 症例紹介 » 外科矯正なしの矯正②


コールバック予約