トップへ » 当院の6つの強み » 症例紹介 » 外科矯正なしの矯正①

外科矯正なしの矯正①

外科矯正なしの矯正 外科矯正なしの矯正
 ≪症例説明≫
・普通、歯を抜いて、骨を切って治療する症例です。
・歯を抜かず、骨を切ることなく、1年7カ月で治療を完了しています。
・治療方法は独自の方法です。
 ≪一口メモ≫
矯正学の常識として、「骨の形は変えることができない。」とされています。その為、矯正治療では歯を抜き、骨を切ることが必要とされています。当矯正歯科医院では、歯を抜くことなく矯正治療ができるとしていますが、上顎の写真からわかるように、上顎の大きさを本来の大きさに改善する事によって歯を並べています。

また、初めの写真では下顎が曲がっていますが、矯正完了後の写真では曲がっていた下顎が本来の形に改善されています。つまり、根拠のひとつとして、骨の形を変えることが出来るので当院では歯を抜かずに矯正治療ができるのです。
ただ、どんな症例でも治療できるわけではありません。治療前の診査診断が必要です。


トップへ » 当院の6つの強み » 症例紹介 » 外科矯正なしの矯正①


コールバック予約