トップへ » 当院の6つの強み » 症例紹介 » 小児予防矯正〜前歯が出ているお子さん

小児予防矯正〜前歯が出ているお子さん

小児予防矯正〜前歯が出ているお子さん咬み合わせの高さが低いために起こる症例です。
下の顎も後退しているので、将来顎関節症になりやすいタイプです。

開始年齢 8才7ヶ月
治療期間 2年3ヶ月

<症例説明>
この症例は本人の学校でのクラブの都合でブラケットによる矯正ができず、ビムラー装置だけを長期間使用して治しました。
小児予防矯正〜前歯が出ているお子さん2

※ウェブサイトに掲載されている症例はイメージであり、実際には患者様個々の審査診断結果により、治療内容をご相談させていただきます。


トップへ » 当院の6つの強み » 症例紹介 » 小児予防矯正〜前歯が出ているお子さん


コールバック予約