トップへ » 当院の6つの強み » 症例紹介 » FA④

FA④

FA
FA
≪症例説明≫
・まだ乳歯が残っていて(混合歯列期)反対咬合でかつ上顎・下顎の劣成長及び咬み合せの低い症例です。
・治療期間は1年6ヶ月。
・治療方法は独自の方法です。

≪一口メモ≫
年少期(混合歯列期)では八重歯などの永久歯の歯列不正がまだ無いので、反対咬合さえ治せば永久歯になっても美しい歯並びになると思いがちです。

ですが、施術後の写真を診るとちょうど八重歯の萌える部分の歯肉が膨らんでいるのがわかります。将来、永久歯の歯並びは悪くなります。矯正治療の最終目標である美しい永久歯の歯並びは、永久歯が萌えそろった後に計画を立案して改善していきます。

もちろん、永久歯を抜く必要はありません。
ただ、どんな症例でも治療できるわけではありません。治療前の診査診断が必要です。


トップへ » 当院の6つの強み » 症例紹介 » FA④


コールバック予約